カテゴリー:言葉

  • 感心する画像

    「感心」と「関心」

    感心と関心の違いは漢字の意味通りだが、書き間違えやすいので使い分けに注意が必要である。 感心は「感じる心」で、心に深く感じること。立派なものに深く心を動かされることを意味する。 「彼の行動には感心した」「感心な青…
  • 難しい仕事の画像

    「難しい」「困難」「至難」

    「難しい」「困難」「至難」は、実現することが簡単ではないことを意味する。 三語の中で「難しい」が最も一般的に用いられ、意味の幅も広い。 「困難」と「至難」は「難しい」に比べてやや硬い表現となり、意味の幅は狭い。 …
  • 検討する画像

    「検討」と「見当」

    検討と見当は、はっきりしない先のことについて考えるという点で共通するものの、全く意味の違う言葉である。 検討の意味は、十分に調べて良いか悪いか考えること。 「検討を重ねる」「検討を加える」などと使い、類語は「吟味…
  • 特徴のある画像

    「特徴」と「特長」

    「とくちょう」の漢字には「特徴」と「特長」があり、どちらも他と比べて目立った点を意味するが、特徴と特長の違いは、良い点・悪い点に関係なくいうか、良い点のみをいうかの違いである。 特徴の「徴」の漢字は「しるし」と読み…
  • 改訂された本を読む画像

    「改定」と「改訂」

    改定と改訂は、いずれも「かいてい」と読み、改めることを意味する点では共通するが、改めて何をするかとうい点で意味に違いがある。 一般的には「改定」が多く使われる。 改定には「定」の字が含まれているように「改めて定め…
  • ゆっくり過ごす画像

    「ゆっくり」と「のんびり」

    ゆっくりとのんびりは、「ゆっくり歩く」と「のんびり歩く」のように急がないさまや、「ゆっくり過ごす」と「のんびり過ごす」のように気楽なさまの意味では共通して使える。 しかし、ゆっくりは何かしら基準となるものがあり、それに…
  • 荒い波の画像

    「荒い」と「粗い」

    荒いと粗いは同源であるため、意味に似たところがあり、ともに「あらい」と読むため、使い分けに注意が必要である。 荒いの意味は、動きや勢いが大きく激しい。性格や言動が乱暴である。限度を超えている。整っておらず荒れ果てて…
  • 伸び進む画像

    「発達」「発展」「進展」「進歩」「向上」

    発達・発展・進展・進歩・向上は、物事が進むという意味で共通し、進展以外の四語は、技術・学問・社会などが前よりも上の段階に進むことに使われるという点でも共通する。 発達は、成長して完全な形に近づくことや、規模が大きく…
ページ上部へ戻る