カテゴリー:言葉

  • 若干を表す画像

    「若干」と「弱冠」の違い

    若干と弱冠は、いずれも「じゃっかん」と読むが、意味は全く違う。 若干は、「若干名」「若干の間違いがある」など、それほど多くない数量を表す。 弱冠は、男子20歳のこと。また、年が若いことを表す言葉で、「弱冠17歳で〇〇…
  • 順番待ちの画像

    「順序」と「順番」の違い

    順序は、ある一定の基準による配列。また、物事を行う手順や仕事の段取りなどを意味する。 順番は、順序を追って代わる代わるその事に当たることである。 一列に並ぶ際、並び方のルールが「順序」で、配列の全体を表す。 そ…
  • 手紙と小包の画像

    「送る」と「贈る」の違い

    おくるの漢字「送る」と「贈る」は同源だが、「祝電を送る」と「祝電を贈る」、「送る言葉」と「贈る言葉」では意味が違ってくるため、使い分けに注意が必要である。 送るには、物や情報を届ける。人をある場所へ行かせる。去る人…
  • 寒い画像

    「寒い」と「冷たい」の違い

    寒いは「寒い朝」「寒い冬」など、不快に感じる気温の低さを表す言葉で、「暑い」の対義語。 冷たいは「冷たい雪」「冷たい水」など、体の一部が触れた時に感じる温度の低さを表す言葉で、「熱い」の対義語である。 基本的に気…
  • 見る画像

    「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」の違い

    見るには、視覚でものをとらえる。見物・見学する。調べる・検討する・判断する。読んで知る。経験する。試す。占うなど多くの意味がある。 基本的には「見る」と書き、「観る」「視る」「診る」「看る」は意味を強調したい時に使…
  • ぼろ儲けする画像

    「儲ける」と「稼ぐ」の違い

    儲けると稼ぐは、利益や収入を得るという意味では共通するが、儲けるよりも稼ぐ方が地道に働くことを表す。 儲けるは、地道に働いて収入を得るというよりも、予想外の利益を得たり、うまく利益を得たりする意味で使う。 稼ぐは…
  • 暖炉の画像

    「燃やす」「焼く」「焚く」の違い

    燃やすと焼くと焚くは、火をつけて炎を上げるという点では共通するが、それぞれ重点が置かれるところに違いがあり、燃やすは、火をつけて炎を上げることや、灰にするという意味。 焼くは、熱の作用によって、元の状態とは違う状態にな…
ページ上部へ戻る