「対象」「対照」「対称」


対象と対照と対称の使い分けは、英語にすると分かりやすい。

対象とは、行為が向けられる目標や相手のこと。
英語では、「オブジェクト(object)」。
「調査対象」「批判の対象」「恋愛対象」などと使う。

対照とは、他と照らし合わせて比べること。性質の異なるものの違いがきわだつこと。
英語では、「コントラスト(contrast)」。
「比較対照」「AとBを対照する」などと使う。

対称とは、互いに調和を保って釣り合うこと。向き合う二つの点・線・面などが釣り合う位置関係にあること。
英語では、「シンメトリー(symmetry)」。
「左右対称」「対称図形」「点対称」などと使う。

対象は、一つの相手、複数でも一括りとなる相手に関することをいい、対照や対称と異なる。
対照と対称は、二つのものをいうが、対照は「比較」、対称は「釣り合う」ことなので、意味は全く異なり、「対照的」といえば、違いがはっきりしたさま。「対称的」といえば、形や配列などが全く同じさまをいう。
「対象的」という言葉はないが、若者言葉の「的な」の意味であれば使われる可能性はある。
「たいしょうてき」には「対症的」と書く言葉もあり、それぞれの症状に対応する処置をするさまをいう。

対象と対称は、名詞として使うのみだが、対照は「対照する」という形で動詞としても使えるといった違いもある。

対象・対照・対称・対症の他にも、「たいしょう」と読む漢字は多く、大正・大匠・大将・大笑・大勝・大賞・大祥・大捷・大詔・大檣・太衝・体性・対償・待詔・胎生・隊商などがある。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「整理」と「整頓」

  2. 「取締役」「役員」「執行役員」

  3. 「不倫」と「浮気」

  4. 「王将」と「玉将」

  5. 「退職願」「退職届」「辞表」

  6. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  7. 「モツ」と「ホルモン」

  8. 「遵守」と「順守」

  9. 「以下」と「未満」

  10. 「おはぎ」と「ぼたもち」

おすすめ

  1. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」

  2. 「懐古」と「回顧」

  3. 「栄養ドリンク」と「エナジードリンク」

  4. 「フクロウ」と「ミミズク」

  5. 「クレヨン」と「クレパス」

  6. 「ねぶた」と「ねぷた」

  7. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  8. 「臭い」「匂い」「香り」

  9. 「延期」「順延」「延長」

  10. 「幽霊」「妖怪」「お化け」

TOP