「重体」と「重態」


病気や負傷の程度がおもく、危険な状態にあることを意味する「じゅうたい」の漢字には「重体」と「重態」がある。
この二つの違いは、以下のように言われることもある。

重体は事故などで生命の危機にある状態をいい、重態は危篤状態が続いていること。
重体は命にかかわるような病気や負傷の状態をいい、重態は命にかかわるような健康状態のことで、重態には負傷が含まれないなど。

しかし、重体と重態は同じ意味であり、上記のような使い分け方はしていない。
重体と重態の違いを挙げるとすれば、新聞などの報道では「重体」に統一されており、一般にも「重態」より「重体」の表記の方が多く使われていることぐらいである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  2. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  3. 「積極的」「自発的」「能動的」

  4. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  5. 「王将」と「玉将」

  6. 「重体」「重傷」「軽傷」

  7. 「シャベル」と「スコップ」

  8. 「改定」と「改訂」

  9. 「修正」と「訂正」

  10. 「卵」と「玉子」

おすすめ

  1. 「鮭」と「サーモン」

  2. 「トナカイ」と「鹿」

  3. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」

  4. 「ピーマン」と「パプリカ」

  5. 「一生懸命」と「一所懸命」

  6. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  7. 「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」

  8. 「森」「林」「森林」

  9. 「同居」「同棲」「内縁」

  10. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

TOP