「重体」と「重態」


病気や負傷の程度がおもく、危険な状態にあることを意味する「じゅうたい」の漢字には「重体」と「重態」がある。
この二つの違いは、以下のように言われることもある。

重体は事故などで生命の危機にある状態をいい、重態は危篤状態が続いていること。
重体は命にかかわるような病気や負傷の状態をいい、重態は命にかかわるような健康状態のことで、重態には負傷が含まれないなど。

しかし、重体と重態は同じ意味であり、上記のような使い分け方はしていない。
重体と重態の違いを挙げるとすれば、新聞などの報道では「重体」に統一されており、一般にも「重態」より「重体」の表記の方が多く使われていることぐらいである。

ランダム 今見られているページ
  1. 「積極的」「自発的」「能動的」

  2. 「問題」と「課題」

  3. 「交じる」と「混じる」「雑じる」

  4. 「HIV」と「エイズ」

  5. 「大笑い」「爆笑」「哄笑」「バカ笑い」「高笑い」

  1. 「始末書」と「顛末書」

  2. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  3. 「対象」「対照」「対称」

  4. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  5. 「伯母」「叔母」「小母」

  6. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  7. 「退社」と「退勤」

  8. 「目的」と「目標」

  9. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  10. 「歳」と「才」

おすすめ

  1. 「戦略」と「戦術」

  2. 「タクシー」と「ハイヤー」

  3. 「離す」と「放す」

  4. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  5. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  6. 「チョコレート」と「ショコラ」

  7. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  8. 「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」

  9. 「保証」「保障」「補償」

  10. 「送る」と「贈る」

TOP