「恐ろしい」「怖い」「おっかない」


身に危険を感じて不安であったり、不気味で避けたい気持ちになることを「恐ろしい」「怖い」「おっかない」という。
「恐ろしい」は客観的な表現。「怖い」と「おっかない」は主観的な表現である。

「恐ろしい事件」「怖い事件」「おっかない事件」はどれも使える。
また、「恐ろしかった」「怖かった」「おっかなかった」も使える。
しかし、自分が事件に巻き込まれ、その時の感情も含めて伝える場合、「恐ろしい事件に巻き込まれて、怖かった」という言い方は出来ても、「怖い事件に巻き込まれて、恐ろしかった」と言うと不自然になる。
これは、客観的に危険性を伝えるのが「恐ろしい事件」であり、主観的な恐怖感を伝えるのが「怖かった」だからである。

「おっかない」も「怖い」と同じ主観的表現だが、「恐ろしい事件に巻き込まれて、おっかなかった」と言った場合は、やや不自然になる。
これは、「恐ろしい」がやや改まった言葉であるのに対し、「おっかない」は俗語的で軽い印象を与え言葉で、客観的な危険性(恐ろしい)と主観的な恐怖感(おっかない)とのバランスが取れていないためである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  2. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  3. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  4. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  5. 「ピーマン」と「パプリカ」

  6. 「王将」と「玉将」

  7. 「十分」と「充分」

  8. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  9. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  10. 「モツ」と「ホルモン」

おすすめ

  1. 「大学」と「大学校」

  2. 「専修学校」「専門学校」「各種学校」

  3. 「特徴」と「特長」

  4. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  5. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  6. 「使用」と「利用」

  7. 「床屋」と「美容室」

  8. 「花」と「華」

  9. 「悲しい」と「哀しい」

  10. 「心肺停止」と「死亡」

TOP