「ゆっくり」と「のんびり」


ゆっくりとのんびりは、「ゆっくり歩く」と「のんびり歩く」のように急がないさまや、「ゆっくり過ごす」と「のんびり過ごす」のように気楽なさまの意味では共通して使える。
しかし、ゆっくりは何かしら基準となるものがあり、それに対して急がないさまや気楽なさまを表すが、のんびりは基準とは関係ないところで、急がないさまや気楽なさまを表すため、共通して使えないこともある。

ゆっくりは、時間をかけて動作・運動が行われるさまや、時間・空間・気持ちにゆとりがあるさまをいい、基準に対して遅いことや余裕があることをいう。
のんびりは、心身がゆったりと落ち着いてるさま、制約を受けずに心の向くまま行動するさまをいう。

「ゆっくり腰を上げる」のように動作が遅いさまや、「ゆっくり座れる」のように空間に余裕があるさまを表す場合、基準となる時間や空間に対して、遅かったり、余裕があることをいうため「のんびり」は使えない。

こせこせしていないことをいう「のんびりとした性格」や、のどかなさまを表す「のんびりした風景」などを、「ゆっくり」に言い換えることはできない。
これは何かの基準に対してどうあるかではなく、「落ち着き」という精神的なことに重点が置かれているためである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「児童」「生徒」「学生」

  2. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  3. 「忖度」と「斟酌」

  4. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  5. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  6. 「午前12時」と「午後0時」

  7. 「共同」「協同」「協働」

  8. 「署名」「記名」「サイン」

  9. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  10. 「たらこ」と「明太子」

おすすめ

  1. 「Q&A」と「FAQ」

  2. 「商品」と「製品」

  3. 「目的」と「目標」

  4. 「回答」と「解答」

  5. 「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」

  6. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  7. 「ニホン」と「ニッポン」

  8. 「うなじ」「襟足」「首筋」

  9. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  10. 「児童」「生徒」「学生」

TOP