「荒い」と「粗い」


荒いと粗いは同源であるため、意味に似たところがあり、ともに「あらい」と読むため、使い分けに注意が必要である。

荒いの意味は、動きや勢いが大きく激しい。性格や言動が乱暴である。限度を超えている。整っておらず荒れ果てている。
粗いは、すきまが大きく細かくない。なめらかでない。大雑把である。粗雑であるという意味である。

荒いと粗いの使い分けのポイントは、人や物の動きに関することには「荒い」、人や物の状態に関することには「粗い」を使うということ。
また、穏やかの反対語になるのが「荒い」、細かいの反対語なるのが「粗い」で、この2点を覚えておくと、比較的使い分けがしやすくなる。

ただし、岩がごつごつしている状態を表す場合は、荒れた状態をいうため「荒い」を使い、石や砂などの粒がざらざらしていることには「粗い」を使うというように、動きか状態かという点だけで使い分けられないこともある。
そのため、反対語と合わせて考えなければならない。

また、荒いと粗いの使い分け方で、触れられない事物には「荒い」、触れられるものには「粗い」を使うと説明しているものもあるが、必ずしもそうとは言い切れない。
たとえば、上記のような岩の場合は触れようと思えば触れられるが「荒い」を使う。
乱暴的な仕事の仕方を表現する場合には「荒い」を使い、大雑把な仕事の仕方を表現する場合には「粗い」を使い、どちらも触れられるものではないのである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「召集」と「招集」

  2. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  3. 「影」と「陰」

  4. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  5. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  6. 「十分」と「充分」

  7. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  8. 「歳」と「才」

  9. 「回答」と「解答」

  10. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

おすすめ

  1. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」

  2. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  3. 「好意」と「厚意」

  4. 「根本的」と「抜本的」

  5. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  6. 「追求」「追及」「追究」

  7. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  8. 「回り」「周り」「廻り」

  9. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  10. 「食料」と「食糧」

TOP