「特徴」と「特長」


「とくちょう」の漢字には「特徴」と「特長」があり、どちらも他と比べて目立った点を意味するが、特徴と特長の違いは、良い点・悪い点に関係なくいうか、良い点のみをいうかの違いである。

特徴の「徴」の漢字は「しるし」と読み、他と区別する印となるものが「特徴」で、類語は「特色」である。
他と比べて目立つところが良いか悪いかは関係なく、他の人とは違って目立つところをいい、「特徴のある顔」や「犯人の特徴」などと使う。

特長の「長」は「長ける」「優れた」という意味で、類語には「長所」があり、他よりも特に優れた点を意味する。
特徴の中でも良い点だけをいうため、「新商品の特長」「個人個人の特長を活かす」のように使う。

「とくちょう的」という場合、ふつう「特徴的」のみで「特長的」は使われない。
「特徴的な声」は他の人と区別できるような独特の声という意味で、問題なく使える。
しかし、美しい声であることを表すために「特長的な声」といってしまうと、他の人よりも優れたような声という意味になり、優れているとは限らないニュアンスになってしまう。
そのため、「特長的」という言い方はしないのである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  2. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  3. 「戦略」と「戦術」

  4. 「悲しい」と「哀しい」

  5. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  6. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  7. 「回復」と「快復」

  8. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  9. 「退職願」「退職届」「辞表」

  10. 「修正」と「訂正」

おすすめ

  1. 「タール」と「ニコチン」

  2. 「うなじ」「襟足」「首筋」

  3. 「戦略」と「戦術」

  4. 「召集」と「招集」

  5. 「恋」と「愛」

  6. 「紹興酒」と「老酒(ラオチュウ)」

  7. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  8. 「タクシー」と「ハイヤー」

  9. 「署名」「記名」「サイン」

  10. 「寿司」「鮨」「鮓」

TOP