カテゴリー:食材・調味料

  • かいわれ大根の画像

    「かいわれ大根」と「大根」

    かいわれ大根とは、大根の種子を発芽させ、軸が伸びて子葉が開いたところに日光を当てて緑化したものである。 子葉が双葉で、二枚貝が殻を開いたような形なので「かいわれ(貝割れ)」という名前がつけられた。 かいわれ大根も…
  • 野菜の画像

    「野菜」と「蔬菜」

    野菜と蔬菜の元々の意味は異なるが、現在では同義として扱われている。 本来、蔬菜は食用にする草本植物(草)の総称で、キノコなども含んで用いられた語である。 蔬菜は野菜よりも意味が広く、栽培種・野生種を問わず使われて…
  • アーモンドとピーナッツの画像

    「アーモンド」と「ピーナッツ」

    アーモンドとピーナッツ(ピーナツ)は、食用とする植物の実という点では共通するが、ナッツ類とナッツ類でないものという違いがある。 「ナッツ」というのは、食用になる木の実のこと。 ピーナッツは名前に「ナッツ」が入って…
  • つくね鍋の画像

    「つくね」と「つみれ」

    つくねは鶏肉や豚肉のひき肉を材料にしたもので、つみれは魚のすり身を材料にしたものと誤解されていることも多いが、つくねとつみれの違いは、材料の違いではなく調理法の違いである。 つくねとつみれの調理法は、それぞれの語源…
  • 落花生の画像

    「ピーナッツ」「落花生」「南京豆」

    ピーナッツ(ピーナツ)と落花生と南京豆は、それぞれの語源や名称の意味を知ることで違いも分かる。 ピーナッツは、英語の「peanuts」から。 「pea」はエンドウ豆やエンドウ豆に似た植物のことで「豆」を意味し、「…
  • ウニの画像

    「海胆」「海栗」「雲丹」

    ウニは、食べられる部分(生殖巣)が「胆(肝)」のように見えることから、海の胆で「海胆」と書く。 また、全身がトゲで覆われていることから、海の栗で「海栗」とも書く。 食品として販売される時には、生殖巣だけを取り出し…
  • マスタードの画像

    「からし」と「マスタード」

    おでんに使う「からし」も、ホットドッグに使う「マスタード」も、アブラナ科のカラシナの種が原料である。 しかし、からしは鼻にツーンとくる辛味があるが、マスタードはそれほど辛くない。 からしとマスタードで辛さに違いが出て…
  • カボチャの画像

    「カボチャ」と「パンプキン」

    カボチャは英語で「Pumpkin(パンプキン)」と訳されることが多いが、日本でよく食べられているカボチャはパンプキンではない。 カボチャは大きく分けて「西洋カボチャ」「日本カボチャ」「ペポカボチャ」に分類される。 …
ページ上部へ戻る