「傷」と「怪我」


皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と怪我の違いは損傷部分の大きさと言われることもあるが、傷と怪我にそのような区別はない。

傷は、皮膚や肉が切れたり破れたりすること。その部分をいう。
また、皮膚や肉に限らず、精神的な痛手、物の表面の裂け目や欠けた部分、欠点、不名誉の意味でも用いられる。
怪我は、傷を負うこと。その傷を意味する。

体の損傷という意味では、傷も怪我も大きな違いがないように思えるが、語源から考えると違いがわかる。

傷は「切る」「刻む」などから転じたと考えられており、負傷することや、負傷した箇所を直接的に表した言葉である。

怪我は「穢る(けがる)」「穢れる(けがれる)」の語幹からと考えられ、「過失」「思わぬ事態」「不測の結果」が本来の意味。
そこから、「過って傷を負うこと」「思いがけず傷つくこと」を意味するようになったもので、傷を負う過程を含んでいるのが「怪我」である。

「傷口」や「傷跡」など、損傷した箇所を表す際は「傷」が多く使われ、「怪我をする」など、傷を負うことを表す際に「怪我」が多く使われるのも、傷が直接的な表現で、怪我が傷を負うまでの過程を含んでいるためである。

怪我から「過って」「思わず」の意味が薄れ、「傷」と同じ意味で使われるようになったため、勘違いされていることもあるが、「怪我の功名」や「下手に手を出と怪我をする」などと言う時の「怪我」は、「傷」ではなく「過ち」や「不測の結果」という意味からである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  2. 「心肺停止」と「死亡」

  3. 「以下」と「未満」

  4. 「初め」と「始め」

  5. 「分かる」「解る」「判る」

  6. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  7. 「記入」「記載」「記述」

  8. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  9. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  10. 「始末書」と「顛末書」

おすすめ

  1. 「押さえる」と「抑える」

  2. 「御社」と「貴社」

  3. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」

  4. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」

  5. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  6. 「竹」と「笹」

  7. 「病院」「医院」「クリニック」「診療所」

  8. 「徳利」と「お銚子」

  9. 「フクロウ」と「ミミズク」

  10. 「保証」「保障」「補償」

TOP