「赤身魚」「白身魚」「青魚」


赤身魚は、身(肉)の色が赤い魚のことで、味が濃く、肉質は硬めで、鉄分を多く含む。
白身魚は、身の色が白い魚のことで、淡白な味で、ほぐれやすく、低カロリーで消化にも良い。

赤身魚の身が赤い理由は、筋肉色素タンパク質の「ミオグロビン」や、血液色素タンパク質の「ヘモグロビン」といった赤い色素が多く含まれるためである。
水産学では、このヘモグロビンとミオグロビンの含有量によって、赤身魚と白身魚を分類し、100gあたり10mg以上のものを「赤身魚」、それ以下のものを「白身魚」と呼んでいる。

赤身魚の代表的な魚は、カツオ・マグロ・ブリ・アジ・イワシ・サンマ・サバなどで、大量の酸素を必要とする持久力の高い回遊魚に多い。
これは、ヘモグロビンに酸素を運搬する役割、ミオグロビンに酸素を供給する役割があるためである。

一方の白身魚は、タイ・タラ・ヒラメ・カレイ・フグ・アナゴといった、大量の酸素は必要としないが、瞬発力を必要とする沿岸魚や深海魚に多い。

サケは身の色が赤く回遊魚であるため、赤身魚と思われがちだが、白身魚である。
サケの身が赤く見えるのは、カニやエビなどの殻が赤い理由と同じで、カロチノイド系の赤い色素「アスタキサンチン」を含む「オキアミ」を餌としているためである。

青魚は、赤身魚や白身魚のように身の色ではなく、背の色によって分類したもので、青魚に対するのは「赤魚」である。
代表的な青魚は、アジ・イワシ・サバ・サンマ・ニシンなど。
青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれるため、血中の悪玉コレステロールを減少させる効果があるといわれる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  2. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  3. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  4. 「取締役」「役員」「執行役員」

  5. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  6. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  7. 「シャベル」と「スコップ」

  8. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  9. 「コリアンダー」と「パクチー」

  10. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

おすすめ

  1. 「体」と「身体」

  2. 「食料」と「食糧」

  3. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  4. 「可愛い」と「可愛らしい」

  5. 「栄養ドリンク」と「エナジードリンク」

  6. 「事実」と「真実」

  7. 「カヌー」と「カヤック」

  8. 「卵」と「玉子」

  9. 「留意」「注意」「用心」

  10. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

TOP