「足」「脚」「肢」


一般的には「足」が多く使われるが、人のあしを指す部分によって漢字を使い分ける場合は、足首からつま先の部分を「足」、足首から骨盤までを「脚」と表記する。
哺乳動物には「肢」、昆虫には「脚」が多く用いられる。
生物の種類による使い分けというよりも、漢字が表す意味で使い分けされるため、哺乳動物に「脚」と書いたり、昆虫に「肢」と書くことも多い。

「足を運ぶ」「足を奪う」「足を洗う」「足が地に着かない」「足が早い」など、比喩的表現には「足」が多く使われる。
このような比喩表現の多くが、歩く・走るといった足を使った動作からや、足の形状に似たものである。

脚は動物の胴から下に伸びた部分を表すため、「馬脚」「脚光」「健脚」など、あし全体を表す言葉に多く使われる。
また、胴から下に伸びた部分や、支える部分といった意味から、「テーブルの脚」「脚立」など、物の下の細長い部分を表す際にも用いる。

肢は、肉月に支で「身体の枝」を意味し、主に、生物学や医学の用語で用いられる。
哺乳動物の場合は、人の手にあたる部分が「前肢(ぜんし)」、足にあたる部分が「後肢(こうし)」。
昆虫の場合は、前胸部にあるものを「前肢」、胸脚のうち後方の一対のものを「後肢」。
人の場合は、前肢(手)を「上肢(じょうし)」、後肢(足)は「下肢(かし)」という。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  2. 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」

  3. 「分かる」「解る」「判る」

  4. 「たらこ」と「明太子」

  5. 「鮭」と「サーモン」

  6. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  7. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  8. 「居眠り」と「うたた寝」

  9. 「褒める」と「誉める」

  10. 「開放」と「解放」

おすすめ

  1. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  2. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」

  3. 「野菜」と「果物」

  4. 「退社」と「退勤」

  5. 「すだち」と「かぼす」

  6. 「特徴」と「特長」

  7. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

  8. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  9. 「整理」と「整頓」

  10. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

TOP