タグ:雨

  • 台風で海が荒れる画像

    「台風」と「熱帯低気圧」の違い

    台風は熱帯低気圧の一種で、構造は同じであるが、最大風速によって「台風」と「熱帯低気圧」に呼び分けられる。 熱帯低気圧は、亜熱帯や熱帯の海上に発生する低気圧。 海からの水蒸気が主なエネルギー源で、発達すると暴風雨を…
  • 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像

    「氾濫」と「決壊」の違い

    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふれかえること。 決壊は、堤防やダムなどが切れて崩れることをいう。 大雨で堤防が決壊し、川の水が氾濫することはある…
  • 雨雲画像

    「一時雨」と「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い

    天気予報の「一時」「時々」「のち」「所により」は、厳密に区別されている。 一時雨は、ある時間のみ連続して降る雨を表す。 連続的に降る雨の時間が、予報対象となる期間の4分の1未満の場合に「一時雨」が用いられる。 …
  • きのこの傘(笠)画像

    「傘」と「笠」の違い

    傘も笠も同源で、雨・雪・日光をさえぎるためのもの。 傘は頭上にかざすもので、笠と区別するために「さしがさ」ともいう。 笠は頭にかぶるもので、傘と区別するために「かぶりがさ」ともいう。 椎茸や松茸などキノコの「か…
  • 気象衛星から見た台風の画像

    「気象衛星ひまわり」と「アメダス」の違い

    気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。 雲や風、海面温度などの気象観測をする。 気象衛星には、大きく分けて軌道気象衛星と静止気象衛星の2種類あるが、ひまわりは、赤道上空の円軌道を地球の自転同期と同じ同期…
  • 雨をカットする画像

    「降水量」と「降雨量」の違い

    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのことで、普通、「mm(ミリメートル)」で示される。 共に、雨量計で観測され、同じ水量を表しているように思えるが、違いは雨…
  • 梅雨に咲くあじさいの画像

    「梅雨」と「雨季」の違い

    梅雨は、6月から7月頃に降り続く長雨。また、その雨期のこと。 日本では、北海道と小笠原諸島を除く地域にみられる。 雨季(雨期)は、1年のうちで降水量の多い時期のことで、普通、1カ月以上にわたるものを指す。 日本…
  1. エッセイストの画像
    コラムとは、新聞や雑誌などの短評欄。また、囲み記事のこと。 コラムは「円柱」を意味するラテン語に由…
  2. プロテインの効果効能画像
    「薬の効果が現れる」と「薬の効能が現れる」のように、「効き目」という意味では効果と効能のどちらも使う…
  3. カウンターで応対する画像
    応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。 「電話応対」と「…
  4. 子供の看病をする画像
    病人の世話をするという意味では、看病・看護・介護ともに使われるが、病人以外の世話をする場合や、医療業…
  5. 磁器の花瓶画像
    陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方…
  1. 積雪画像
    「降雪量(降雪の深さ)」と「積雪量(積雪の深さ)」は、どちらも降り積もった雪の量を表すが、降雪は「雪…
  2. ヒラメの画像
    昔から、「左ヒラメに右カレイ」と言われる。 眼を上に向けて置いた時、頭が左向きになるのが「ヒラメ(…
  3. 除夜の鐘の画像
    晦日とは、月の最後の日のこと。 読みには、「みそか」「つごもり」「かいじつ」がある。 みそかは、…
ページ上部へ戻る