タグ:雨

  • 大雪の画像

    「注意報」「警報」「特別警報」の違い

    自然災害が起こるおそれがあるとき、注意喚起や警告のために発表されるものには、「注意報」「警報」「特別警報」がある。 注意報は「災害が起るおそれがある場合にその旨を注意して行う予報」。 注意報の対象となるのは、気象…
  • 台風の画像

    「大型の台風」「超大型の台風」「強い台風」「非常に強い台風」「猛烈な台風」の違い

    気象庁で発表される台風情報では、「超大型で非常に強い台風」というように、台風が大きさと強さで表される。 大きさの階級は、風速15m/s以上となる強風域の大きさによって、「大型」と「超大型」の2段階に分けられ、大型は…
  • 台風で海が荒れる画像

    「台風」と「熱帯低気圧」の違い

    台風は熱帯低気圧の一種で、構造は同じであるが、最大風速によって「台風」と「熱帯低気圧」に呼び分けられる。 熱帯低気圧は、亜熱帯や熱帯の海上に発生する低気圧。 海からの水蒸気が主なエネルギー源で、発達すると暴風雨を…
  • 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像

    「氾濫」と「決壊」の違い

    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふれかえること。 決壊は、堤防やダムなどが切れて崩れることをいう。 大雨で堤防が決壊し、川の水が氾濫することはある…
  • 雨雲画像

    「一時雨」「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い

    天気予報の「一時」「時々」「のち」「所により」は、厳密に区別されている。 一時雨は、ある時間のみ連続して降る雨を表す。 連続的に降る雨の時間が、予報対象となる期間の4分の1未満の場合に「一時雨」が用いられる。 …
  • きのこの傘(笠)画像

    「傘」と「笠」の違い

    傘も笠も同源で、雨・雪・日光をさえぎるためのもの。 傘は頭上にかざすもので、笠と区別するために「さしがさ」ともいう。 笠は頭にかぶるもので、傘と区別するために「かぶりがさ」ともいう。 椎茸や松茸などキノコの「か…
  • 気象衛星から見た台風の画像

    「気象衛星ひまわり」と「アメダス」の違い

    気象衛星ひまわりは、日本の気象観測用人工衛星の愛称。 雲や風、海面温度などの気象観測をする。 気象衛星には、大きく分けて軌道気象衛星と静止気象衛星の2種類あるが、ひまわりは、赤道上空の円軌道を地球の自転同期と同じ同期…
  • 雨をカットする画像

    「降水量」と「降雨量」の違い

    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのことで、普通、「mm(ミリメートル)」で示される。 共に、雨量計で観測され、同じ水量を表しているように思えるが、違いは雨…
ページ上部へ戻る