台風の「大型」「超大型」「強い」「非常に強い」「猛烈な」


気象庁で発表される台風情報では、「超大型で非常に強い台風」というように、台風が大きさと強さで表される。

大きさの階級は、風速15m/s以上となる強風域の大きさによって、「大型」と「超大型」の2段階に分けられ、大型は「大きい」、超大型は「非常に大きい」と表現されることもある。
大型の台風は風速15m/s以上の半径が500km以上~800km未満のもの、超大型の台風は800km以上のものをいう。

強さの階級は、10分間平均の最大風速によって、「強い」と「非常に強い」と「猛烈な」の3段階に分けられる。
強い台風は、33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満。
非常に強い台風は、44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満。
猛烈な台風は、54m/s(105ノット)以上である。

かつては、台風の大きさを「ごく小さい」「小型」「中型」「大型」「超大型」の5段階、強さを「弱い」「並の強さ」「強い」「非常に強い」「猛烈な」の5段階で表していた。
しかし、1999年に神奈川県の玄倉川で起きた水難事故をきっかけに、「小型」や「並」などの表現は過小評価される恐れがあり、防災上好ましくないと考えられるようになったことから、2000年6月1日より「ごく小さい」「小型」「中型」、「弱い」「並の強さ」の表現は廃止された。

そのため、「大型」と「強い」の基準に満たない台風の場合は、大きさや強さの表現をせず、単に「台風」と呼び、大きさが500km未満で、風速が33m/s以上~44m/s未満のように、一方のみ基準を超えている場合は、「強い台風」といった表現がされている。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  2. 「生誕」と「誕生」

  3. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  4. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  5. 「元日」「元旦」「正月」

  6. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  7. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  8. 「褒める」と「誉める」

  9. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  10. 「観賞」と「鑑賞」

おすすめ

  1. 「紹興酒」と「老酒(ラオチュウ)」

  2. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  3. 「生かす」と「活かす」

  4. 「計る」「測る」「量る」

  5. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  6. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  7. 「ねぶた」と「ねぷた」

  8. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  9. 「花」と「華」

  10. 「懲役」「禁錮(禁固)」「拘留」

TOP