「体制」「態勢」「体勢」「大勢」


体制と態勢と体勢と大勢は、いずれも「たいせい」と読めるが、まったくの同音異義語である。

体制とは、社会・政治・組織などの継続的な仕組み・構造・様式のことで、「経営体制」「社会体制」「資本主義体制」「新体制」などと使う。
また、「反体制運動」「ベルサイユ体制」など、権力を握っている側も意味する。

態勢とは、ある物事に対する身構えや態度のことで、「受け入れ態勢」「万全の態勢」「警備態勢」などと使う。

「24時間たいせい」や「5人たいせい」という時の「たいせい」は、場面によって使い分けられ、恒久的な仕組みとして行われるのであれば「24時間体制」「5人体制」と書き、緊急事態などに対する一時的な対応であれば「24時間態勢」「5人態勢」と書く。
つまり、長期的・継続的なことには「体制」、短期的・部分的なことには「態勢」を使うというのが、体制と態勢の使い分けのポイントである。

体勢とは、体全体の構えや姿勢のことで、「体勢を崩す」「不利な体勢」「着陸体勢」「射撃体勢」などと使う。

大勢とは、物事の成り行きや傾向のことで、「選挙の大勢が決まる」「大勢に影響はない」「世間の大勢に従う」などと使う。
大勢は「おおぜい」や「たいぜい」とも読むが、この場合は人数が多いことを表し、成り行きの意味では用いられない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「戦略」と「戦術」

  2. 「退職願」「退職届」「辞表」

  3. 「特徴」と「特長」

  4. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  5. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  6. 「聞く」「聴く」「訊く」

  7. 「修正」と「訂正」

  8. 「以下」と「未満」

  9. 「目的」と「目標」

  10. 「おしるこ」と「ぜんざい」

おすすめ

  1. 「同居」「同棲」「内縁」

  2. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  3. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  4. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  5. 「離す」と「放す」

  6. 「送る」と「贈る」

  7. 「足」「脚」「肢」

  8. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」

  9. 「返る」「帰る」「還る」

  10. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」

TOP