「傘」と「笠」


傘も笠も同源で、雨・雪・日光をさえぎるためのもの。
傘は頭上にかざすもので、笠と区別するために「さしがさ」とも言う。
笠は頭にかぶるもので、傘と区別するために「かぶりがさ」とも言う。

椎茸や松茸などキノコの「かさ」は、形が頭にかぶる笠に似ていることからのたとえなので、本来は「笠」と書くのが正しい。
しかし、現代では「傘」と表記される方が多いため、一方が正しく、一方が間違いとは言えなくなっている。
「笠」ではなく「傘」と表記されるようになった理由は、キノコの軸を柄にたとえれば「傘」に見えるためとも言われるが、それではキノコ全体が「傘」になり、指している部分と異なる。

ランプシェードは、本来「電球の笠」であるが、柄にたとえられる部分がなくても「電球の傘」と表記される。
このようなことを踏まえると、現代一般的に「かさ」と呼ばれるものは頭上にかざす「傘」であるため、かさのように覆うものを広く表す際の表記に「傘」が使われていると考えるのがよいであろう。

ランダム 今見られているページ
  1. 「おざなり」と「なおざり」

  2. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  3. 「湯布院」と「由布院」

  4. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  5. 「カフェ」と「喫茶店」

  1. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  2. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  3. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  4. 「計る」「測る」「量る」

  5. 「おざなり」と「なおざり」

  6. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  7. 「配布」と「配付」

  8. 「思う」と「想う」

  9. 「冒険」「探検」「探険」

  10. 「児童」「生徒」「学生」

おすすめ

  1. 「蜃気楼」と「陽炎」

  2. 「精算」と「清算」

  3. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  4. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

  5. 「おざなり」と「なおざり」

  6. 「森」「林」「森林」

  7. 「懐古」と「回顧」

  8. 「商品」と「製品」

  9. 「天気」「天候」「気候」「気象」

  10. 「湯布院」と「由布院」

TOP