「作る」「造る」「創る」


作るは、「料理を作る」「棚を作る」など比較的小さなものや、「行列を作る」「社会を作る」「記録を作る」など無形のもの、抽象的なものに用いる。
「つくる」の一般的な表記は、「作る」である。

造るは、「船を造る」「庭園を造る」など有形の比較的大きなものに用いる。
また、酒・味噌・醤油などは「製造」「醸造」というように「造る」を用いるが、家庭でつくる味噌などは規模が小さいため「作る」である。
ロボットは「人造人間」と訳されるように「造る」だが、子供用玩具のロボットは形も規模も小さいため「作る」である。

「手づくり」は、弁当やケーキなど機械を使わないで手でつくる小さいものが対象であるため、基本的には「手作り」と書く。
しかし、ハムや家具、お酒など、ふつうは手作りしないもの(機械で製造したり、大量生産するもの)が対象の場合は、「手造り」と書かれる。

創るは、「芸術作品を創る」「新しい雑誌を創る」など、新しいものが対象で、新しいものであれば有形無形を問わず用いられる。
ただし、常用漢字表では「創」に「つくる」の訓がないため、公用文では「創る」と書かず、「作る」か「造る」と書く。

「学校をつくる」という場合、建物という意味であれば、大きな有形物なので「造る」だが、理想の学校という意味であれば、無形のものなので「作る」。
新しい学校という「創立」の意味の場合、私的文章ならば「創る」か「作る」、公用文ならば「作る」と書く。

ランダム 今見られているページ
  1. 「降水量」と「降雨量」

  2. 「大学」と「大学校」

  3. 「団子」と「餅」

  4. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

  5. 「商品」と「製品」

  1. 「早い」と「速い」

  2. 「以下」と「未満」

  3. 「悲しい」と「哀しい」

  4. 「延期」「順延」「延長」

  5. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  6. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  7. 「記入」「記載」「記述」

  8. 「異常」と「異状」

  9. 「保証」「保障」「補償」

  10. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

おすすめ

  1. 「御社」と「貴社」

  2. 「川」「河」「河川」

  3. 「目」と「眼」

  4. 「ミュール」「サンダル」「パンプス」

  5. 「根本的」と「抜本的」

  6. 「初め」と「始め」

  7. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  8. 「越える」と「超える」

  9. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」

  10. 「森」「林」「森林」

TOP