「対応」と「応対」


応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。

「電話応対」と「電話対応」はどちらも使う言葉で、対応も人に応じる意味の言葉のようだが、電話応対がかけてきた相手に応じるのに対し、電話対応は電話がかかってくるという状況や、かけてきた相手の用件に応じているのである。

クレーム電話がかかってきた場合、受付は電話を受けるが、そのクレームに応じた処理をする訳ではないので「応対」。
受付が担当者に引き継ぐことは「対応」で、引き継がれた担当者が、クレームに応じて適切な判断をし処理するのは「対応」である。

「応対が良い」といった場合は、言葉使いや態度など、相手とのコミュニケーションの取り方が良いことを表し、「対応が良い」といった場合は、状況に応じた処理の仕方、解決の仕方が良いという意味になる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「懲役」「禁錮(禁固)」「拘留」

  2. 「海胆」「海栗」「雲丹」

  3. 「病院」「医院」「クリニック」「診療所」

  4. 「伯母」「叔母」「小母」

  5. 「初夏」「立夏」「孟夏」

  1. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  2. 「褒める」と「誉める」

  3. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  4. 「思う」と「想う」

  5. 「生かす」と「活かす」

  6. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  7. 「午前12時」と「午後0時」

  8. 「寝る」と「眠る」

  9. 「作る」「造る」「創る」

  10. 「卵」と「玉子」

おすすめ

  1. 「弁済」と「返済」

  2. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

  3. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  4. 「モツ」と「ホルモン」

  5. 「探す」と「捜す」

  6. 「暑い」と「熱い」

  7. 「目的」と「目標」

  8. 「特徴」と「特長」

  9. 「ねぶた」と「ねぷた」

  10. 「開放」と「解放」

TOP