「5円玉の穴」と「50円玉の穴」


現在、日本で通常発行されている硬貨は、1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類ある。
そのうち、穴が空いている硬貨は5円玉と50円玉。
5円玉の孔径は5mm、50円玉の孔径は4mmで、穴の大きさに違いがあるが、穴が空けられた理由にも違いがある。

元々発行されていた5円玉は、穴の空いていないものであった。
昭和24年に急激なインフレが起こり、硬貨の原材料を節約する必要があったため、当時の硬貨の中で一番大きかった5円玉に穴を空け、原材料を節約した。

50円玉が穴の空いた形状になったのは昭和34年のこと。
それまでの50円玉は穴が空いておらず、100円玉と同じくらいの大きさで紛らわしかったため、穴が空けられるようになった。

つまり、5円玉の穴は原材料を節約するため、50円玉の穴は100円玉と区別しやすくするために空けられたのである。

現在では、原材料を節約する必要もなく、50円玉と100円玉の大きさも異なるため、穴を空けておく必要がないように思える。
しかし、大きさや重さ、ギザギザの有無、穴の有無によって、すべての硬貨を手触りだけで区別できることや、偽造防止対策のためにも、5円玉と50円玉には穴が空いていた方がよいのである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「共同」「協同」「協働」

  2. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  3. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  4. 「取締役」「役員」「執行役員」

  5. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  6. 「褒める」と「誉める」

  7. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  8. 「ピーマン」と「パプリカ」

  9. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  10. 「時期」「時季」「時機」

おすすめ

  1. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  2. 「思う」と「考える」

  3. 「ズワイガニ」「松葉ガニ」「越前ガニ」

  4. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  5. 「意思」と「意志」

  6. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  7. 「夫婦」と「夫妻」

  8. 「怒る」と「叱る」

  9. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  10. 「タクシー」と「ハイヤー」

TOP