「幽霊」「妖怪」「お化け」


幽霊とは、この世に未練や恨みがあって成仏できない死者が、因縁のある人の前や場所で姿を現すとされるもの。
番町皿屋敷のお菊や、四谷怪談のお岩さんなどが典型的な例である。
「動物の幽霊」などと言うことがあるが、普通、人の魂が現れたものを「幽霊」といい、動物や得体の知れないものに「幽霊」は使わない。
幽霊の姿として、死装束をまとった足のない女性が描かれることが多い。
比喩的に、「幽霊会社」や「幽霊社員」など、実在するかのように見せかけたもの意味にも使われる。

妖怪とは、人知を超えた奇怪な現象や不気味な物体のこと。
鬼や天狗、河童、一つ目小僧、ろくろ首などが典型的な例である。
必ずしも、人の霊や動物といった何かが変化したものとは限らず、奇怪な存在に対していうのが「妖怪」である。

お化けとは、本来ある姿から大きく変化したもののこと。
普通は、タヌキやキツネなどの動物が変化したものや、物を粗末にした時に出てくるという「もったいないお化け」など、人以外のものが変化し、危害を加えたり恐怖感を与えるものをいうが、幽霊や妖怪も含めて「お化け」ということも多い。
幽霊や妖怪は、人間によって創造・創作されたもので、実在する可能性は低いものであるが、お化けは「お化けカボチャ」や「お化けメダカ」というように、通常より大きく変化した実在するものに対しても使われる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  2. 「観賞」と「鑑賞」

  3. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」

  4. 「修正」と「訂正」

  5. 「重体」「重傷」「軽傷」

  6. 「歳」と「才」

  7. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  8. 「留意」「注意」「用心」

  9. 「同居」「同棲」「内縁」

  10. 「初め」と「始め」

おすすめ

  1. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  2. 「不倫」と「浮気」

  3. 「作る」「造る」「創る」

  4. 「返る」「帰る」「還る」

  5. 「弁済」と「返済」

  6. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  7. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  8. 「ニホン」と「ニッポン」

  9. 「大トロ」「中トロ」「赤身」

  10. 「褒める」と「誉める」

TOP