「花」と「華」


一般には「花」を使い、「華」はきらびやかなもの、美しいもの、すぐれた性質の比喩に多く使われる。

「花を添える」や「花を持たせる」のように、比喩表現に花が使われることもあるが、美しさや明るさを加えるという意味の「花を添える」は、美しい花が添えられた状態にたとえたもの。
相手を立てる、相手に名誉や栄光を譲るという意味の「花を持たせる」は、花を贈呈される立場にするというたとえで、花そのものに「きらびやか」「すぐれた」という意味は含まれておらず、植物の花を使った状態からの比喩である。

華には、「華美(はなやかで美しいこと)」「豪華(贅沢ではなやかなこと)」「精華(すぐれていてはなやかなこと)」など、華のみで「はなやか」「すぐれた」という意味を表す言葉が多く、「花のように盛んではなやか」という比喩が、華に含まれていることがわかる。
「はなやか」という言葉も、一般的には「華やか」や「華々しい」が用いられる。

「はながある」という場合には「花」も「華」も用いるが、「華がある」であれば「華やかさ」「華々しさ」を表し、「花がある」であれば「植物の花が存在する」という意味になる。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「発達」「発展」「進展」「進歩」「向上」

  2. 「ゆっくり」と「のんびり」

  3. 「検討」と「見当」

  4. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」

  5. 「クッキー」「ビスケット」「サブレ」

  1. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  2. 「重体」「重傷」「軽傷」

  3. 「精算」と「清算」

  4. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  5. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  6. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  7. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  8. 「初め」と「始め」

  9. 「意思」と「意志」

  10. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

おすすめ

  1. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」

  2. 「言い訳」「申し訳」「弁解」「弁明」「釈明」

  3. 「整える」と「調える」

  4. 「大学」と「大学校」

  5. 「野菜」と「果物」

  6. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  7. 「効く」と「利く」

  8. 「退社」と「退勤」

  9. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  10. 「始末書」と「顛末書」

TOP