「回り」「周り」「廻り」


「まわり」の漢字には、「回り」「周り」「廻り」がある。

回りは、回転・巡回など、まわること、めぐることを表し、動詞的に用いる。
周りは、周囲・周辺など、そのものを取り囲んでいる辺り・環境、縁や外側に沿ったところを表し、名詞として用いる。

「池のまわりを一まわりする」という場合、「池のまわり」は周囲を表すため「周り」、「一まわり」はめぐることを表すため「回り」を使い、「池の周りを一回りする」と書く。

周囲や周辺を表す場合は「周り」と書くのが基本だが、「回り」と書く例外も多い。
「首回り」や「身の回り」「水回り」など、太さ、手が届く身近なものの周辺、関連のあることを表す場合には「回り」を使う。
周囲や周辺で「周り」と書くのは、比較的大きなものの場合に限るのである。

廻りは、「回」に移動を表す「廴(えんにょう)」を付け加え、動作を強調した漢字であるが、常用漢字表外の漢字であるため、普通は「回り」に書き換えられる。
そのため、漢字の使い分けには「回り」と「周り」の違いを覚えておけばよい。
また、現在はほぼ用い漢字なので、「回り」よりも「廻り」と書いた方が古風な印象を与える。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「忖度」と「斟酌」

  2. 「始末書」と「顛末書」

  3. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  4. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  5. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  6. 「パート」と「アルバイト」

  7. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  8. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  9. 「絶対」と「絶体」

  10. 「回復」と「快復」

おすすめ

  1. 「焼く」「炒める」「炒る」

  2. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  3. 「トリ」と「大トリ」

  4. 「すだち」と「かぼす」

  5. 「シャベル」と「スコップ」

  6. 「意思」と「意志」

  7. 「紹興酒」と「老酒(ラオチュウ)」

  8. 「辞典」「事典」「字典」

  9. 「神父」と「牧師」

  10. 「了解」「了承」「承知」「承諾」

TOP