「目的」と「目標」の違い

目標火薬田ドンの画像

目的と目標は、目指すものという意味では同じだが、目的は、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しようとして目指すもの。
目標は、さしあたって実現させたり、成し遂げたり、到達しようと目指すものをいう。

目標には「目印」の意味もあるように、目的を達成するために設けた目印が「目標」である。
道順を説明する際、「タバコ屋の角を右に曲がって」という時の「タバコ屋」は、「目標(目印)」であって「目的(地)」ではない。
最終的に辿り着きたい場所が「目的(地)」であり、目的地へ辿り着くために、まず行こうと目指す場所が「目標(目印)」である。

目的が最終的に目指すもの、目標がその過程で目指すものであるため、目的は抽象的で、目標は目的に比べて具体的になる。
「利益を上げたい」「会社を大きくしたい」という目的は、抽象的で漠然としたものである。
その目的のために、「今月の売り上げ目標」などと掲げられる目標は、具体的な数字である。

具体的な目標であっても、より具体的に目指すものがあれば、その目標は目的になる。
今月の売り上げ目標を達成するために、まず今週目指そうとするものは「今週の売上目標」で、今週の売上目標は「今月の売上目標を達成する」という「目的」のためにある。
今週の売上目標達成のため、「今週は〇〇件営業に行こう」とすれば、今週目指す営業件数は「目標」であり、今週の売上目標は「目的」となる。

目的を達成しようとするならば、まずは目の前にある具体的な目標を着実に達成していくことが必要である。

関連記事

  1. 仙台のコスプレ犬画像
    コスプレは、コスチュームプレイを略した和製英語で、漫画・アニメ・ゲームのキャラクターや、ビジュアル系…
  2. ビスケットの画像
    クッキーとビスケットは区別する基準が曖昧で、「違いがある」と言えばある、「違いがない」と言えばないな…
  3. 賞味期限や消費期限を確認して買う画像
    食品衛生法やJAS法(日本農林規格法)などの規定により、加工食品の多くに「賞味期限」か「消費期限」の…
  4. 重症患者が搬送された画像
    重症は、病気や症状が重いことで、対義語は「軽症」。 重傷は、傷の程度が重いことで、対義語は「軽傷」…
  5. 生かさず活かすプリザーブドフラワー画像
    生かすは、死にかけたものを行き返らせる、生命を保たせる、死なないようにするなど、生命に関することを表…
  1. 樽の画像
    樽は、酒・醤油などを入れ、保存・運搬に使用される、蓋が閉じられた容器。 桶は、風桶や寿司桶など、蓋…
  2. ドラゴンボートの画像
    共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが…
  3. エビの画像
    エビを「海老」と表記するのは、長い髭と曲がった腰が老人のように見えることからで、日本で作られた当て字…
  4. スマホで支払精算する画像
    精算の「精」は、「精細」「精密」「精巧」などにも使われるように、「細かい」「詳しい」の意味があり、精…
  5. ミルクティーの画像
    ミルクティーは、カップに入った熱い紅茶に少量の牛乳を入れて作る。 牛乳は少量しか使わないため、冷蔵…
ページ上部へ戻る