「山」と「丘」


山は周囲の土地よりも表面が高く盛り上がった地形のことで、丘は小高い土地を指す。
一般的に、丘は山よりも低く、傾斜がなだらかなものをいうが、何m以上であれば「山」、何m以下を「丘」と呼ぶといった、山と丘を区別する明確な定義はない。

国土地理院が発行する地形図に載る山として最も低い山は、宮城県仙台市宮城野区蒲生にある「日和山」で、標高は3mしかなく、「丘」とも呼ばれないほどの高さである。
日和山は「築山」と呼ばれる人工的に作られた山で、人工の山であっても地形図には山として載ることがわかる。

秋田県南秋田郡大潟村にある「大潟富士」は、周囲からの比高が、日本一高い山「富士山」の1,000分の1にあたるある3.776mになるよう作られた標高0mの築山である。
大潟村が国土地理院に対し、地形図への掲載を求めたが、人工物で歴史も浅いといった理由から掲載を見送られている。

国土地理院が地形図に載せる条件としては、「地元住民が山と呼んでいるか」「地元自治体が公式名称としているか」「国土地理院が記載を妥当と判断するか」の3点。
人工であれば低い山は簡単に作ることが出来るため、古くから地元で「山」と呼ばれている必要があるようだ。

地形図への掲載有無は別として、基本的には、地元住民が「山」と呼んでいれば「山」であり、「丘」と呼んでいれば「丘」ということである。

ちなみに、自然の山として日本一低い山は、徳島県徳島市方上町にある「弁天山」で、標高は6.1mである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「使用」と「利用」

  2. 「初め」と「始め」

  3. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  4. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」

  5. 「保証」「保障」「補償」

  6. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  7. 「伯母」「叔母」「小母」

  8. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  9. 「鮭」と「サーモン」

  10. 「おはぎ」と「ぼたもち」

おすすめ

  1. 「弁済」と「返済」

  2. 「恋」と「愛」

  3. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  4. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  5. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  6. 「辞典」「事典」「字典」

  7. 「知識」「知恵」「見識」

  8. 「晦日」と「大晦日」

  9. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」

  10. 「児童」「生徒」「学生」

TOP