タグ:犯人

  • 自白を強要する画像

    「自白」と「自供」の違い

    自白とは、隠している事実や犯した罪を自ら白状すること。 自供とは、容疑者や犯人が取調べに対し、自分から犯罪事実を申し述べること。 自分の犯した罪を認めるという意味では、自白も自供も使われる。 しかし、自供は犯罪…
  • 逮捕される画像

    「逮捕」と「検挙」「摘発」の違い

    逮捕とは、刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置することで、通常逮捕・緊急逮捕・現行犯逮捕の三種類ある。 通常は裁判所が発する逮捕状が必要で、被疑者が特定されただけでは逮捕とはならない。 検挙とは、…
  • ガベルと手錠の画像

    「通常逮捕」と「緊急逮捕」「現行犯逮捕」の違い

    刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置する逮捕には、「通常逮捕」「緊急逮捕」「現行犯逮捕(準現行犯逮捕)」の3種類ある。 通常逮捕とは、裁判所が発する逮捕状に基づいて被疑者を逮捕する手続き。 手続き…
  • 容疑者逮捕の瞬間画像

    「容疑者」と「被疑者」「被告人」「犯人」の違い

    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法令用語では「被疑者」といい、警察などの公的機関では「容疑者」と呼ばず「被疑者」と呼ぶ。 逮捕されていなくても嫌疑を受け…
  • 懲役を科せられた人の画像

    「懲役」と「禁錮(禁固)」「拘留」の違い

    懲役・禁錮(禁固)・拘留は、受刑者の身体を刑事施設に拘置する自由刑にあたる。 懲役は、金属製品や木工の加工、靴や衣類の製作、刑事施設内の炊事、洗濯、清掃などの刑務作業が科せられる刑罰。 作業に従事した受刑者には、…
  • 手錠の画像

    「自首」と「出頭」の違い

    自首とは、犯罪事実や犯人が誰かわかっていない段階で、犯人自ら捜査機関に対して犯罪事実を申告し、処分を求めること。 刑法に規定されている用語で、刑の軽減が考慮される。 取り調べ中に、まだ発覚していない別件の犯罪を自ら告…
  1. お化けの画像
    幽霊とは、この世に未練や恨みがあって成仏できない死者が、因縁のある人の前や場所で姿を現すとされるもの…
  2. 水に飛び込む画像
    経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることをいう。 経験は、…
  3. 平和な画像
    平和と和平の意味は似ているが、使い分けは明確で、平和は、戦争や紛争・災害などがなく、世の中や暮らしが…
  4. 夏の風物詩ラムネの画像
    ラムネは、レモン水を意味する英語「レモネード(lemonade)」がなまったもので、炭酸水にレモンや…
  5. 迷惑なタバコの画像
    マナーとエチケットを日本語に訳すと、どちらも「礼儀」や「作法」になるが、食事中のナイフやフォークの使…
  1. 東京大学安田講堂の画像
    大学は、文部科学省が管轄する学術研究および教育の最高機関で、学校教育法に基づいて設置される。 学部…
  2. 旨味を感じる赤ちゃんの画像
    旨味(旨み)とは、食物が良い味であること。また、その度合い。 その他、芸などが巧みなこと。仕事や商…
  3. アニメ漫画の画像
    漫画とは、絵と文字で表現された物語のこと。 アニメとは、アニメーションの略で、動作や形が少しずつ異…
ページ上部へ戻る