タグ:犯人

  • 自白を強要する画像

    「自白」と「自供」の違い

    自白とは、隠している事実や犯した罪を自ら白状すること。 自供とは、容疑者や犯人が取調べに対し、自分から犯罪事実を申し述べること。 自分の犯した罪を認めるという意味では、自白も自供も使われる。 しかし、自供は犯罪…
  • 逮捕される画像

    「逮捕」と「検挙」「摘発」の違い

    逮捕とは、刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置することで、通常逮捕・緊急逮捕・現行犯逮捕の三種類ある。 通常は裁判所が発する逮捕状が必要で、被疑者が特定されただけでは逮捕とはならない。 検挙とは、…
  • ガベルと手錠の画像

    「通常逮捕」と「緊急逮捕」「現行犯逮捕」の違い

    刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置する逮捕には、「通常逮捕」「緊急逮捕」「現行犯逮捕(準現行犯逮捕)」の3種類ある。 通常逮捕とは、裁判所が発する逮捕状に基づいて被疑者を逮捕する手続き。 手続き…
  • 容疑者逮捕の瞬間画像

    「容疑者」と「被疑者」「被告人」「犯人」の違い

    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法令用語では「被疑者」といい、警察などの公的機関では「容疑者」と呼ばず「被疑者」と呼ぶ。 逮捕されていなくても嫌疑を受け…
  • 懲役を科せられた人の画像

    「懲役」と「禁錮(禁固)」「拘留」の違い

    懲役・禁錮(禁固)・拘留は、受刑者の身体を刑事施設に拘置する自由刑にあたる。 懲役は、金属製品や木工の加工、靴や衣類の製作、刑事施設内の炊事、洗濯、清掃などの刑務作業が科せられる刑罰。 作業に従事した受刑者には、…
  • 手錠の画像

    「自首」と「出頭」の違い

    自首とは、犯罪事実や犯人が誰かわかっていない段階で、犯人自ら捜査機関に対して犯罪事実を申告し、処分を求めること。 刑法に規定されている用語で、刑の軽減が考慮される。 取り調べ中に、まだ発覚していない別件の犯罪を自ら告…
  1. つくね鍋の画像
    つくねは鶏肉や豚肉のひき肉を材料にしたもので、つみれは魚のすり身を材料にしたものと誤解されていること…
  2. ウールセーターの画像
    ウールとカシミヤは、いずれも動物繊維だが、毛をとる動物に違いがあるため、暖かさ・軽さといった繊維の質…
  3. 祝日に掲げる国旗の画像
    暦の上で休日となっている日を「祝日」「祭日」「祝祭日」などと言うが、「祭日」や「祝祭日」は俗称である…
  4. 眼の画像
    目は、物を見る働きをする視覚器官をいう一般的な言葉。 眼球のみならず、まぶたや目尻など眼球の周囲も…
  5. お年賀の画像
    お年玉とお年賀の由来(起源)は同じである。 日本では古くから、新年になると歳神様が降りてくると信じ…
  1. 打ち合わせの画像
    御社と貴社は、どちらも相手方の会社を敬う言葉。 言葉の意味や相手を敬う度合に違いはないが、両者はき…
  2. 夜の道頓堀画像
    関西は、関東に対して「逢坂の関(現在の滋賀県大津市)」から西を指す名称で、大阪府・京都府・兵庫県・滋…
  3. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
ページ上部へ戻る