「初夏」「立夏」「孟夏」


陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏」、夏の終わりである6月を「晩夏」という。
陰暦の4月は、太陽暦(新暦)で5月6日頃から6月5日頃であるため、今の暦で初夏は5月初旬から6月初旬である。

立夏は、二十四節気の一。暦の上で夏の始まる日を表し、太陽暦で5月6日頃を指す。
二十四節気は1年を24に分け季節を表したもので、陰暦の異称よりも細かく、「夏」を表す言葉は「立夏」のほかに、5月21日頃の「小満」、6月6日頃の「芒種」、6月21日頃の「夏至」、7月7日頃の「小暑」、7月23日頃の「大暑」がある。

つまり、初夏は、立夏(5月6日頃)から、小満(5月21日頃)を経て、芒種の前日の6月5日頃までを指す。
また、立夏や小満は、その1日を表す言葉だが、期間としての意味でも使われるため、初夏は立夏と小満ともいえる。

孟夏の「孟」は「初め」の意味で、初夏と同じく、陰暦の4月の異称。
孟夏は、古風な言い方となるため、初夏に比べ使われることが少ない。

ランダム 今見られているページ
  1. 「モツ」と「ホルモン」

  2. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  3. 「アカデミー賞」と「オスカー」

  4. 「毒薬」「劇薬」「毒物」「劇物」

  5. 「仕事」「職業」「職」

  1. 「鮭」と「サーモン」

  2. 「召集」と「招集」

  3. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  4. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  5. 「時期」「時季」「時機」

  6. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  7. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  8. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  9. 「悲しい」と「哀しい」

  10. 「褒める」と「誉める」

おすすめ

  1. 「定価」「希望小売価格」「オープン価格」

  2. 「ピーマン」と「パプリカ」

  3. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  4. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  5. 「大トロ」「中トロ」「赤身」

  6. 「分かる」「解る」「判る」

  7. 「和牛」と「国産牛」

  8. 「伺う」と「窺う」

  9. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  10. 「意図的」と「恣意的」

TOP