「初夏」「立夏」「孟夏」


陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏」、夏の終わりである6月を「晩夏」という。
陰暦の4月は、太陽暦(新暦)で5月6日頃から6月5日頃であるため、今の暦で初夏は5月初旬から6月初旬である。

立夏は、二十四節気の一。暦の上で夏の始まる日を表し、太陽暦で5月6日頃を指す。
二十四節気は1年を24に分け季節を表したもので、陰暦の異称よりも細かく、「夏」を表す言葉は「立夏」のほかに、5月21日頃の「小満」、6月6日頃の「芒種」、6月21日頃の「夏至」、7月7日頃の「小暑」、7月23日頃の「大暑」がある。

つまり、初夏は、立夏(5月6日頃)から、小満(5月21日頃)を経て、芒種の前日の6月5日頃までを指す。
また、立夏や小満は、その1日を表す言葉だが、期間としての意味でも使われるため、初夏は立夏と小満ともいえる。

孟夏の「孟」は「初め」の意味で、初夏と同じく、陰暦の4月の異称。
孟夏は、古風な言い方となるため、初夏に比べ使われることが少ない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  2. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  3. 「足」「脚」「肢」

  4. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  5. 「対応」と「応対」

  6. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  7. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  8. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  9. 「対象」「対照」「対称」

  10. 「署名」「記名」「サイン」

おすすめ

  1. 「足」「脚」「肢」

  2. 「川」「河」「河川」

  3. 「辞典」「事典」「字典」

  4. 「チョコレート」と「ショコラ」

  5. 「忖度」と「斟酌」

  6. 「聞く」「聴く」「訊く」

  7. 「回り」「周り」「廻り」

  8. 「日射病」「熱射病」「熱中症」

  9. 「出社」と「出勤」

  10. 「悲しい」と「哀しい」

TOP