「基準」と「規準」


基準と規準は、共に「きじゅん」と読み、意味も似ているため、使い分けを間違えやすい漢字である。

基準の意味は、物事の基礎となるよりどころ。比較して考えるためのよりどころ。満たさなければならない要件。
規準の意味は、思考・行為などで、のっとるべきよりどころ。規範とするものである。

簡単にいえば、基準は「基(もと)」にするもので、他の言葉に置き換えると「基礎」「尺度」「最低水準」「比較の元にする標準」になる。
規準は「一定の枠」「ルール」「手本」とするもので、置き換えるならば「規範」「規則」になる。

「考え方」について「基準」と「規準」を使い分ける場合、基準は基礎となる考え方の意味になるが、規準は社会的・道徳的に守らなければならない考え方の意味になる。

「法律」は「のっとるべきよりどころ」であるため、「遵守すべき規準」のように「規準」を使う。
しかし、法律そのものを表す際は「基礎なるよりどころ」の意味になるため、「建築基準法」や「労働基準法」のように、「基準」を使うので注意が必要である。

ランダム 今見られているページ
  1. 「カロリーゼロ」と「カロリーオフ」

  2. 「フィナンシェ」と「マドレーヌ」

  3. 「交じる」と「混じる」「雑じる」

  4. 「注意報」「警報」「特別警報」

  5. 「難しい」「困難」「至難」

  1. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  2. 「居眠り」と「うたた寝」

  3. 「精進」と「邁進」

  4. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  5. 「褒める」と「誉める」

  6. 「配布」と「配付」

  7. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  8. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  9. 「バカ」と「アホ」

  10. 「初め」と「始め」

おすすめ

  1. 「神父」と「牧師」

  2. 「初め」と「始め」

  3. 「うなじ」「襟足」「首筋」

  4. 「森」と「杜」

  5. 「吸血鬼」「ヴァンパイア」「ドラキュラ」

  6. 「回復」と「快復」

  7. 「自首」と「出頭」

  8. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  9. 「弁済」と「返済」

  10. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」

TOP