「なでる」「さする」「こする」


手のひらなど表面に当てて動かす動作を「なでる(撫でる)」「さする(摩る・擦る)」「こする(擦る)」という。
一般に「なでる」「さする」「こする」の順で、力の入れ具合が強くなる。

なでるとは、指や手のひらなどを表面に軽く当て、対象をいとおしむようにゆっくり動かすことで、愛情表現や触感を確かめる目的で行われることが多い。
「風が頬をなでる」というように、軽く触れることの比喩的表現にも用いる。

さするとは、指や手のひらなどを表面に当てたまま、強い刺激を与えない程度に軽く摩擦することで、人間や動物などの痛みや苦痛、こわばりなどを和らげるために行われることが多い。

こするとは、表面に強く押し当てて動かす動作のことで、何かの刺激を伴う。
「タオルでごしごしこする」というように、当てるものが指や手とは限らず、物の場合もある。

さするは必ず動作が繰り返されるが、なでるは一回きりのこともある。
こするも繰り返しの動作に用いることが多いが、「車が外壁をこする」というように一回きりの場合もある。

ランダム 今見られているページ
  1. 「ネックレス」「ペンダント」「チョーカー」

  2. 「トナカイ」と「鹿」

  3. 「ヒラメ」と「カレイ」

  4. 「影」と「陰」

  5. 「若干」と「弱冠」

  1. 「調理」と「料理」

  2. 「延期」「順延」「延長」

  3. 「心肺停止」と「死亡」

  4. 「タール」と「ニコチン」

  5. 「署名」「記名」「サイン」

  6. 「コリアンダー」と「パクチー」

  7. 「暖かい」と「温かい」

  8. 「分かる」「解る」「判る」

  9. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  10. 「うなぎ」と「あなご」

おすすめ

  1. 「御霊前」と「御仏前」

  2. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」

  3. 「十分」と「充分」

  4. 「同居」「同棲」「内縁」

  5. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  6. 「オペラ」「オペレッタ」「ミュージカル」

  7. 「コリアンダー」と「パクチー」

  8. 「陶器」と「磁器」

  9. 「刺身」「お造り」「あらい」「たたき」

  10. 「心肺停止」と「死亡」

TOP