「ダックスフント」と「ダックスフンド」


ダックスフントとダックスフンドは、どっちが正しくどっちが間違いということはなく、どちらも正しい。

ドイツ原産の犬種で、「Dachshund」と表記する。
これをドイツ語読みでは「ダックスフント」と「d」は濁らないが、英語読みになると「ダックスフンド」と「d」が濁る。
つまり、ドイツ語読みと英語読みで、ダックスフントとダックスフンドの違いが生じているのである。

犬の品種認定や犬種基準の指定などを行っている「ジャパンケネルクラブ(JKC)」では、英語読みの「ダックスフンド」で登録していることや、日本人の発音の癖では「ダックスフンド」の方が言いやすいため、「ダックスフンド」と呼ぶ人が多い。

しかし、原産国の発音に従えば「ダックスフント」となるため、愛好家の間では「ダックスフント」と呼ぶ人も多く、国語辞典や新聞記事でも「ダックスフント」の表記が使われている。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「対象」「対照」「対称」

  2. 「寝る」と「眠る」

  3. 「うなぎ」と「あなご」

  4. 「押さえる」と「抑える」

  5. 「時期」「時季」「時機」

  6. 「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

  7. 「コリアンダー」と「パクチー」

  8. 「悲しい」と「哀しい」

  9. 「回復」と「快復」

  10. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

おすすめ

  1. 「使用」と「利用」

  2. 「好意」と「厚意」

  3. 「友情出演」と「特別出演」

  4. 「すだち」と「かぼす」

  5. 「寿司」「鮨」「鮓」

  6. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」

  7. 「文」「文章」「文書」

  8. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」

  9. 「押さえる」と「抑える」

  10. 「改定」と「改訂」

TOP