「仕事」「職業」「職」


仕事・職業・職は、生計を立てるために日常従事する活動の意味で共通するが、同じ意味で使えることは少ない。

仕事の元々の意味は、すること、しなくてはならないことであるため、「仕事が忙しい」といった使い方ができるが、「職業が忙しい」「職が忙しい」といった使い方はできない。

「忙しい―」と後につく場合には仕事・職業・職のいずれも使えるが、表すことに違いがある。
「忙しい仕事」の場合は経理や営業といった具体的な内容であったり、教師や弁護士といった職種(種類)をいうが、主に具体的な内容についていう。
「忙しい職業」の場合は職種をいい、具体的な内容をいうことはない。
「職」は「職業」の意味のほかに、担当の務めや、担当する地位の意味もあるため、「忙しい職」の場合は職種であったり、常務や部長といった職務をいう。

「―に就く」の場合は生計を立てるための活動についてのことなので、仕事・職業・職のいずれも使える。
しかし、「―を失う」の場合は働き口・勤め口のことをいう。
仕事や職には働き口・勤め口の意味があるため、「仕事を失う」「職を失う」と使えるが、職業にはそのような意味がないため「職業を失う」とは言わない。

職には身につけた技能や技術の意味もあるため、「手に職をつける」といった言い方はできるが、仕事や職業にはその意味がないため、「手に仕事をつける」「手に職業をつける」とは言わない。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「氾濫」と「決壊」

  2. 「基準」と「規準」

  3. 「金管楽器」と「木管楽器」

  4. 「ATM」と「CD(キャッシュディスペンサー)」

  5. 「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」

  1. 「不倫」と「浮気」

  2. 「シャベル」と「スコップ」

  3. 「悲しい」と「哀しい」

  4. 「開放」と「解放」

  5. 「同居」「同棲」「内縁」

  6. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  7. 「積極的」「自発的」「能動的」

  8. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  9. 「回復」と「快復」

  10. 「精算」と「清算」

おすすめ

  1. 「想像」「空想」「夢想」「妄想」「幻想」

  2. 「対象」「対照」「対称」

  3. 「思う」と「考える」

  4. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  5. 「森」「林」「森林」

  6. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  7. 「フクロウ」と「ミミズク」

  8. 「寿司」「鮨」「鮓」

  9. 「成長」と「生長」

  10. 「伯母」「叔母」「小母」

TOP