「入れ墨」「刺青」「タトゥー」


入れ墨は、針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨や絵の具などを入れて文字や絵画を描くこと。また、そのものをいう。
刺青は「入れ墨」を意味する文章語で、本来の読みは「しせい」であったが、谷崎潤一郎の小説『刺青(しせい)』が発表されて以降、「刺青」と書いて「いれずみ」と読むようになり、「入れ墨」よりも「刺青」の方が多く用いられるようになった。
つまり、「入れ墨」も「刺青」も同じものである。
ただし、江戸時代に前科のしるしとして、顔や腕に入れられた墨を表す場合は「刺青」とは書かず、「入れ墨」と表記する。

タトゥー(Tattoo)は、刺青の英語表現である。
そのため、「タトゥー」と言う時は西洋的な絵や文字の洋彫りを指し、「刺青」と言う時は日本的な絵や文字の入った和彫りを指すことが多いが、本質的には、タトゥーも刺青も同じもので、両者に違いはない。
洋彫りは機械彫り、和彫りは手彫りというイメージから、機械彫りのものが「タトゥー」、手彫りのものが「刺青」と言われることもあるが、洋彫りと和彫りは、図柄や構図に違いがあるだけで、洋彫りにも手彫りがあり、和彫りにも機械彫りがある。

その他、和柄と洋柄の違いから、ヤクザがするようなものを「刺青」、ファッション的なものを「タトゥー」と呼び分けたり、全身に入れたものを「刺青」、小さく部分的なものを「タトゥー」と呼び分けたりもされる。
しかし、和柄と洋柄をミックスさせたもの、洋柄でも全身に入ったもの、部分的な和柄もある。
また、柄や大きさに関係なく、高齢であるほど「刺青」と呼び、若年であるほど「タトゥー」と呼ぶ傾向にあるため、刺青とタトゥーの使い分けは、人それぞれが持つイメージの違いによるとしか言いようがない。

入れ墨は、刺青やタトゥーのほか、彫り物(ほりもの)、文身(ぶんしん・いれずみ)、紋身(もんしん)、倶利迦羅紋々(くりからもんもん)、紋々(もんもん)とも呼ばれる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「署名」「記名」「サイン」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「コリアンダー」と「パクチー」

  4. 「保証」「保障」「補償」

  5. 「追求」「追及」「追究」

  6. 「生誕」と「誕生」

  7. 「心肺停止」と「死亡」

  8. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  9. 「戦略」と「戦術」

  10. 「卵」と「玉子」

おすすめ

  1. 「知識」「知恵」「見識」

  2. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  3. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  4. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  5. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  6. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」

  7. 「影」と「陰」

  8. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  9. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  10. 「ピーマン」と「パプリカ」

TOP