「香り」「薫り」「馨り」


「かおり」の漢字には、「香り」「薫り」「馨り」がある。
「かおり」が良いにおいを表す言葉なので、不快なにおいに対して「香り」「薫り」「馨り」を使わないことは共通するが、意味の違いによって使い分けされている。

「香り」は、具体的に感じるにおい、鼻で感じる良いにおいの意味で使う。
香水の香り。花の香り。新茶が香る。梅が香るなど。

「薫り」は、比喩的・抽象的な表現に用いるかおりで、漂っているにおい、肌で感覚的に感じられることに対して使われる。
文化の薫り。ロマンの薫り。風薫る五月。若葉が薫るなど。

「馨り」は、高い香りがする、良いにおいが遠くまで漂う、良い評判が遠くまで伝わるという意味。
「永遠の馨り」などと使うが、「馨」の字は常用漢字表にないため平仮名表記されることが多く、表現される意味的にも一般にはあまり用いられない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  2. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  3. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  4. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  5. 「十分」と「充分」

  6. 「召集」と「招集」

  7. 「聞く」「聴く」「訊く」

  8. 「目的」と「目標」

  9. 「児童」「生徒」「学生」

  10. 「バカ」と「アホ」

おすすめ

  1. 「飲む」と「呑む」

  2. 「能率」と「効率」

  3. 「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」

  4. 「忖度」と「斟酌」

  5. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  6. 「陶器」と「磁器」

  7. 「クリスマス」と「クリスマスイブ」

  8. 「森」「林」「森林」

  9. 「回復」と「快復」

  10. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

TOP