「シロサイ」と「クロサイ」


シロサイとクロサイは、名前からして体色で区別できそうに思えるが、名前の由来は体色と全く関係なく、誤解から生まれたもの。
シロサイの体色はグレー、クロサイの体色はグレーか灰褐色で、両者を色で見分けることはできない。

シロサイの名前は、口が幅広いことに由来する。
シロサイは、現地アフリカーンス語で「wijde(幅広い)」と呼ばれおり、これが英語に訳された時に「white(白い)」と間違えられ、「White rhinoceros(シロサイ)」と名付けられた。
クロサイは、シロサイと区別するために、白の対照となる黒を使って、「Black rhinoceros(クロサイ)」と名付けられただけである。

シロサイとクロサイの見分け方のひとつに、名前の由来となる口の幅がある。
シロサイは、幅が広く四角い口をしており、地面に生える草を食べるのに適した形をしている。
クロサイは、尖った口をしており、葉や小枝、果実を摘まみ取って食べるのに適した形をしている。

シロサイとクロサイの決定的な違いは大きさで、シロサイの体長は3.3~4.2m、体重はオスが2,000~3,600kg、メスが1,400~1,700 kgトンと、サイの中では最大である。
クロサイは、体長が2.8~2.9m、体重はオスが350~1,300kgで、クロサイはメスのシロサイよりも小さい。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  2. 「延期」「順延」「延長」

  3. 「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」

  4. 「同居」「同棲」「内縁」

  5. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  6. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  7. 「対応」と「応対」

  8. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  9. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  10. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

おすすめ

  1. 「日射病」「熱射病」「熱中症」

  2. 「大学」と「大学校」

  3. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」

  4. 「森」「林」「森林」

  5. 「歳」と「才」

  6. 「クッキー」「ビスケット」「サブレ」

  7. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  8. 「作る」「造る」「創る」

  9. 「ZERO(ゼロ)」と「零(れい)」

  10. 「許可」と「認可」

TOP