「シロサイ」と「クロサイ」


シロサイとクロサイは、名前からして体色で区別できそうに思えるが、名前の由来は体色と全く関係なく、誤解から生まれたもの。
シロサイの体色はグレー、クロサイの体色はグレーか灰褐色で、両者を色で見分けることはできない。

シロサイの名前は、口が幅広いことに由来する。
シロサイは、現地アフリカーンス語で「wijde(幅広い)」と呼ばれおり、これが英語に訳された時に「white(白い)」と間違えられ、「White rhinoceros(シロサイ)」と名付けられた。
クロサイは、シロサイと区別するために、白の対照となる黒を使って、「Black rhinoceros(クロサイ)」と名付けられただけである。

シロサイとクロサイの見分け方のひとつに、名前の由来となる口の幅がある。
シロサイは、幅が広く四角い口をしており、地面に生える草を食べるのに適した形をしている。
クロサイは、尖った口をしており、葉や小枝、果実を摘まみ取って食べるのに適した形をしている。

シロサイとクロサイの決定的な違いは大きさで、シロサイの体長は3.3~4.2m、体重はオスが2,000~3,600kg、メスが1,400~1,700 kgトンと、サイの中では最大である。
クロサイは、体長が2.8~2.9m、体重はオスが350~1,300kgで、クロサイはメスのシロサイよりも小さい。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  2. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

  3. 「うなぎ」と「あなご」

  4. 「居眠り」と「うたた寝」

  5. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  6. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  7. 「臭い」「匂い」「香り」

  8. 「意思」と「意志」

  9. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  10. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

おすすめ

  1. 「ご来光」と「初日の出」

  2. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  3. 「足」「脚」「肢」

  4. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」

  5. 「天気」「天候」「気候」「気象」

  6. 「科学」と「化学」

  7. 「ラーメン」「中華そば」「支那そば」

  8. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  9. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  10. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

TOP