「雑草」と「野草」


雑草とは、農耕地や庭、道路などで、食用や観賞用などの栽培目的で植えられた以外の草。
野草とは、人が管理していない土地に自然に生える草。
つまり、同じ種類の草であっても、人が管理している土地に自然と生えていれば「雑草」、人が管理していない土地であれば「野草」となり、種類によって区別できるものではない。

また、人が管理している土地に自然と生えている草でも、「雑草」ではなく「野草」と呼ばれることがある。
アスファルトに生えるタンポポは「雑草」だが、摘んで観賞用にすれば「野草」。
自生していているスミレを、邪魔と思えば「雑草」、美しいと思えば「野草」。

「勝手に生えてきた雑草」などというが、勝手なのは人間の方で、同じ種類の草でも人間の都合によって、雑草にもなり野草にもなるのである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「忖度」と「斟酌」

  2. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  3. 「対応」と「応対」

  4. 「チョッキ」「ベスト」「ジレ」

  5. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  6. 「おしるこ」と「ぜんざい」

  7. 「聞く」「聴く」「訊く」

  8. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  9. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  10. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

おすすめ

  1. 「越える」と「超える」

  2. 「一生懸命」と「一所懸命」

  3. 「飲む」と「呑む」

  4. 「了解」「了承」「承知」「承諾」

  5. 「探す」と「捜す」

  6. 「伏線」と「布石」

  7. 「カフェ」と「喫茶店」

  8. 「押さえる」と「抑える」

  9. 「十分」と「充分」

  10. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

TOP