「効果」と「効能」


「薬の効果が現れる」と「薬の効能が現れる」のように、「効き目」という意味では効果と効能のどちらも使うが、「効き目」の何に重点が置かれるかによって、使い分けが必要となることもある。

効果とは、ある行為や作用によって得られる、望ましい結果のこと。
効能とは、ある結果をもたらす働きのこと。
効果は「結果」に重点が置かれた言葉で、効能は「働き」に重点が置かれた言葉である。

便秘薬を例に「効果が期待できる」と「効能が期待できる」の違いをいうならば、効果で期待できるのは、「便秘が治る」という結果。
効能で期待できるのは、「便を柔らかくする」「腸の動きを活発にする」といった働きである。
便秘の原因が別のところにあれば、このような効能の薬を使用しても結果は便秘のままなので、「効能はあったが効果はなかった」ということもある。
さらに、便秘を治す目的がダイエットであった場合、望んでいる結果は痩せることなので、便秘が治ることは「効能」、痩せることが「効果」となる。

また、効果は「経済効果」や「ドップラー効果」など、「影響」「現象」といった意味でも使われ、対象範囲が広い。
一方の効能は、物質の作用がもたらす働きについていうことが多いため、薬・サプリメント・温泉などの医療・健康に関することに使われ、効果のように対象範囲は広くない。

「何度注意しても効果がない」という場合は、影響・結果に重点が置かれており、働きかけている「注意」も薬などの物質ではないため、「効果」を「効能」に置き換えて、「何度注意しても効能がない」とは使えない。

その他、効果は「音響効果」や「舞台効果」のように、映画や演劇などで、場面にふさわしい情趣を作る意味でも使われる。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「回復」と「快復」

  2. 「分かれる」と「別れる」

  3. 「パート」と「アルバイト」

  4. 「午前12時」と「午後0時」

  5. 「寝る」と「眠る」

  6. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  7. 「元日」「元旦」「正月」

  8. 「同居」「同棲」「内縁」

  9. 「記入」「記載」「記述」

  10. 「居眠り」と「うたた寝」

おすすめ

  1. 「タクシー」と「ハイヤー」

  2. 「召集」と「招集」

  3. 「ダウンロード」と「インストール」

  4. 「コラム」と「エッセイ」

  5. 「対象」「対照」「対称」

  6. 「自首」と「出頭」

  7. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  8. 「送る」と「贈る」

  9. 「標高」と「海抜」

  10. 「返事」「返答」「応答」「回答」

TOP