「基準」「標準」「水準」


基準・標準・水準の意味は、物事の判断・評価・比較のよりどころとなるものという点では共通するが、置き換えて使えるとは限らない。

基準は物事の基礎となるよりどころのことで、「建築基準」「設置基準」のように、守るべきもの、満たさなければならないものという意味を含む場合は、「基準」が使われる。

「標準的な生活」「標準サイズ」のように、「平均的」「一般的」「代表的」といった意味を含む場合は、「標準」が使われる。

水準は物事の価値や質、機能などの一定の標準のこと。
「生活水準」「世界一の水準」というように、どのレベルに位置するかを評価する場合には、「水準」が使われる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  2. 「プレゼント」と「ギフト」

  3. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  4. 「暖かい」と「温かい」

  5. 「心療内科」と「精神科」

  1. 「初め」と「始め」

  2. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  3. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  4. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  5. 「伯父」「叔父」「小父」

  6. 「始末書」と「顛末書」

  7. 「時期」「時季」「時機」

  8. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」

  9. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」

  10. 「フクロウ」と「ミミズク」

おすすめ

  1. 「ジュゴン」と「マナティ」

  2. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  3. 「調理」と「料理」

  4. 「了解」「了承」「承知」「承諾」

  5. 「児童」「生徒」「学生」

  6. 「不倫」と「浮気」

  7. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」

  8. 「湯布院」と「由布院」

  9. 「送る」と「贈る」

  10. 「野菜」と「果物」

TOP