「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」


霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(かすみ)は、空気中の水滴やその他の粒子によって視界が悪い状態をいう。

現象としては「霧」も「靄」も同じものを指すが、気象用語では、視程1km未満の状態を「霧」、視程1km以上10km未満を「靄」と呼ぶ。
つまり、近くのものしか識別できない状態(濃いもの)が「霧」、遠くまで識別できる状態(薄いもの)が「靄」である。
濃い霧は「濃霧」というが、濃霧は視程が陸上で100m以下、海上で500m以下の霧をいう。
「霞」は、気象用語として用いられていない。

また、気象用語での「靄」の定義は、微小な水滴や湿った微粒子で湿度50%以上のものをいい、湿度50%未満の乾いた煙や砂ぼこりなどによって、視程1km以上10km未満となっている状態は「煙霧」という。

俳句などの季語では、春のものを「霞」、秋のものを「霧」とし、「靄」は単独では季語となっていない。
「霞」が春の季語、「霧」が秋の季語となったのは平安時代頃からで、古くは区別がなく、「霧」も「霞」も春秋を問わず使われていた。

ランダム 今見られているページ
  1. 「アカデミー賞」と「オスカー」

  2. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」

  3. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  4. 「離す」と「放す」

  5. 「保証」「保障」「補償」

  1. 「遵守」と「順守」

  2. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  3. 「絶対」と「絶体」

  4. 「心肺停止」と「死亡」

  5. 「共同」「協同」「協働」

  6. 「パート」と「アルバイト」

  7. 「召集」と「招集」

  8. 「ブイヨン」「コンソメ」「鶏ガラスープ」

  9. 「赤身魚」「白身魚」「青魚」

  10. 「褒める」と「誉める」

おすすめ

  1. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」

  2. 「ノースリーブ」「タンクトップ」「ランニングシャツ」

  3. 「留意」「注意」「用心」

  4. 「有る」「在る」「或る」

  5. 「長い」と「永い」

  6. 「おざなり」と「なおざり」

  7. 「越える」と「超える」

  8. 「使用」と「利用」

  9. 「交代」と「交替」

  10. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

TOP