「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」


事業家とは、事業を企て、経営する人のこと。
特に、事業の経営に巧みな人をいう。

実業家とは、事業の経営をする人のことだが、事業家よりも対象となる事業の範囲が狭くなる。
実業とは、農業・工業・商業・水産など、生産・流通・販売に関する事業のこと。
実業の対義語は「虚業」で、投機取引のような堅実でない事業をいう。
このような事業を営むものは、実業家ではなく虚業家である。
しかし、若いお金持ちの経営者というイメージを強調するために、「青年実業家」が使われる場合は、投機を繰り返しているだけの虚業家が含まれることも多い。

企業家とは、企業を起こした人や、企業の経営者のこと。
「経営者」や「事業家」と言わず、あえて「企業家」と表現する場合は、新技術や新製品、新しい生産方式の導入、経営や組織の改善をするなど、創造的な面を持ち合わせた経営者の意味で使われる。

起業家とは、新しく事業を起こす人。新しく事業を起こして運営する人のこと。
特に、新しく事業を起こすことを専門に行う人に対していうことが多い。
企業家と起業家は似ているが、企業家が企業を新たに起こした人であるのに対し、起業家は事業(仕事)そのものを新たに起こした人である。
事業家とも似ているが、新たな事業という点では異なる。

経営者とは、企業を経営する人のこと。
企業や事業を新たに起こしてない人でも、経営権の譲渡などで経営する立場になっていれば経営者である。

ランダム 今見られているページ
  1. 「広報」「公報」「弘報」

  2. 「着物」と「浴衣」

  3. 「自首」と「出頭」

  4. 「下着」「肌着」「ランジェリー」

  5. 「午前12時」と「午後0時」

  1. 「退職願」「退職届」「辞表」

  2. 「以下」と「未満」

  3. 「暖かい」と「温かい」

  4. 「計る」「測る」「量る」

  5. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  6. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  7. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  8. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  9. 「影」と「陰」

  10. 「分かる」「解る」「判る」

おすすめ

  1. 「幽霊」「妖怪」「お化け」

  2. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  3. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  4. 「伯母」「叔母」「小母」

  5. 「氾濫」と「決壊」

  6. 「アヤメ」「ショウブ」「カキツバタ」

  7. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」

  8. 「筆者」「著者」「作者」

  9. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」

  10. 「自首」と「出頭」

TOP