「WHISKY」と「WHISKEY」


ウイスキーの綴りには、「KY」で終わる「WHISKY」と「KEY」で終わる「WHISKEY」がある。
「KEY」は「鍵」を意味するので、「WHISKY」が「鍵なし」、「WHISKEY」が「鍵付き」などとも呼ばれる。

この2種類の表記は、一般的に産地で区別されており、スコッチウイスキーなどスコットランドの流れを汲むものが「WHISKY」。アイリッシュウイスキーなどアイルランドの流れを汲むものが「WHISKEY」となっている。

日本のウイスキーは、スコットランドの流れを汲むものなので「WHISKY」。
バーボンで有名なアメリカンウイスキーの綴りは「WHISKEY」で、アメリカでウイスキーの蒸留所を造った人に、アイルランド出身者が多かったためといわれる。
ただし、アメリカのバーボンウイスキーでも、「アーリータイムズ」の綴りは「WHISKY」となっており、必ずしも綴りで産地が区別できる訳ではない。

このような表記の違いは、スコットランドとアイルランドが、ウイスキーの元祖を主張し合い、区別させるために「WHISKY」と「WHISKEY」に分かれたものといわれる。

開拓時代のアメリカでは、ウイスキーが貴重なもので、鍵をつけて大切に保管されていたことから、鍵付きの意味で「WHISKY」に「E」を加えて「WHISKEY」になったともいわれるが、これは後世になって、「鍵なし」と「鍵付き」の違いを面白おかしく言っただけであろう。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「褒める」と「誉める」

  2. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

  3. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  4. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  5. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  6. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  7. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  8. 「早い」と「速い」

  9. 「居眠り」と「うたた寝」

  10. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

おすすめ

  1. 「戦略」と「戦術」

  2. 「コンサート」と「リサイタル」

  3. 「署名」「記名」「サイン」

  4. 「盛り蕎麦」「ざる蕎麦」「せいろ蕎麦」

  5. 「戦争」「紛争」「内戦」

  6. 「対応」と「応対」

  7. 「筆者」「著者」「作者」

  8. 「サラリーマン」と「ビジネスマン」

  9. 「重体」「重傷」「軽傷」

  10. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」

TOP