「初め」と「始め」


初めは、時間的に早い段階、最初、一番目などの意味の時。
英語でいえば「first」で、文法的には、名詞か副詞として使われる。

始めは、開始、始まり、着手などの意味の時。
英語でえいば「start」「beginning」で、動詞の名詞化表現として使われる。

「はじめ」の漢字「初め」と「始め」の使い分けは、表そうとしている事柄を、上記のように別の言葉に置き換えると分かりやすい。
しかし、中には「仕事はじめ」「社長をはじめとして」「はじめから終わりまで」など、置き換えの判断が難しい場合も多い。

「仕事はじめ」は、新年最初の仕事であり、「年の初め」や「書き初め(かきぞめ)」などの言葉から、「仕事初め」と書かれることもあるが、正しくは「仕事始め」。
「一年の最初の仕事」ではなく、「一年の仕事の始まり」という意味である。

「社長をはじめとして」は、「社長を一番目として」という意味ではなく、「社長に始まり」の意味なので、「社長を始めとして」と書く。

「はじめから終わりまで」は、「初め」と「始め」のどちらも使う。
恋愛に例えると、最初の出会いから別れの時までをいうのであれば「初めから終わりまで」、付き合い始めから別れるまでならば「始めから終わりまで」となる。

ランダム 今見られているページ
  1. 「屁」と「おなら」

  2. 「上る」「登る」「昇る」

  3. 「牛乳」「加工乳」「乳飲料」

  4. 「ソーセージ」と「ウインナー」

  5. 「キャンディ」と「ドロップ」

  1. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」

  2. 「上る」「登る」「昇る」

  3. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  4. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  5. 「目的」と「目標」

  6. 「時期」「時季」「時機」

  7. 「分かれる」と「別れる」

  8. 「午前12時」と「午後0時」

  9. 「ピーマン」と「パプリカ」

  10. 「保証」「保障」「補償」

おすすめ

  1. 「元日」「元旦」「正月」

  2. 「伯父」「叔父」「小父」

  3. 「バカ」と「アホ」

  4. 「影」と「陰」

  5. 「弁済」と「返済」

  6. 「湯布院」と「由布院」

  7. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  8. 「延期」「順延」「延長」

  9. 「了解」「了承」「承知」「承諾」

  10. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

TOP