「餃子の王将」「大阪王将」「餃子の王さま」


「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似ているが、それぞれの経営母体は異なる。

餃子の王将は、株式会社王将フードサービスが、京阪神地区を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1967年、1号店は京都四条大宮。
本社は、京都府京都市山科区。

大阪王将は、イートアンド株式会社が、大阪を中心に全国展開する中華料理チェーン。
創業は1969年、1号店は大阪市都島区京橋(本店は道頓堀)。
本社は、東京都港区。

元々、大阪王将は、餃子の王将の創業者の親類が、のれん分けという形で独立したもので、当初は「餃子の王将」という名前であった。
その後、「大阪王将食品」として法人化し、チェーン展開を進めていったが、本家「餃子の王将」が拠点としている京都にまで進出したため、本家側から「王将」の名を使用をしないよう裁判を起こされた。
その結果、「餃子の」は使わないが「王将」を残すという形で和解し、「大阪王将」になったのである。
しかし、一般には「王将で餃子を食べた」と言っても、「餃子の王将」か「大阪王将」か分かりづらいため、「京都王将」と「大阪王将」と呼び分けられることが多い。

餃子の王さまは、2代目店主の佐々木正寿さんが経営する中華料理店。
「餃子の王将」のパクリとも思える店名だが、創業は1954年で、餃子の王さまの方が古い。
店舗数は、東京都台東区浅草の一店である。

それぞれ、メニューや味、店の雰囲気など様々な違いがあるが、外観での見分け方は看板。
餃子の王将の看板は、白と赤を中心にした配色で、白い「王将」の文字が赤・黄・オレンジ・緑で囲われている。
大阪王将の看板は、大阪城をイメージした絵の中心に「王将」の文字が入っている。
餃子の王さまは、黄色に黒文字で店名が書かれただけの、非常にシンプルな看板である。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「午前12時」と「午後0時」

  2. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  3. 「留意」「注意」「用心」

  4. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  5. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」

  6. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  7. 「表す」「現す」「顕す」「著す」

  8. 「観賞」と「鑑賞」

  9. 「目的」と「目標」

  10. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

おすすめ

  1. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

  2. 「晦日」と「大晦日」

  3. 「コンサート」と「リサイタル」

  4. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  5. 「神父」と「牧師」

  6. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  7. 「記入」「記載」「記述」

  8. 「以下」と「未満」

  9. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  10. 「食料」と「食糧」

TOP