「レバニラ炒め」と「ニラレバ炒め」


レバニラ炒めとは、牛や豚のレバーを、ニラやショウガなどと炒め、塩・醤油・コショウなどで味つけした中華料理。
ニラレバ炒めは、レバニラ炒めのことで、全く同じ料理。
「レバニラ」「ニラレバ」という順番の違いで、作り方や材料が変わるわけでもない。

どちらが一般的で、どちらが正しい呼び方かと言えば、一般的な呼称は「レバニラ炒め」だが、本来は「ニラレバ炒め」といわれる。

中国語では「韮菜炒牛肝」と「ニラレバ」の順になっており、中国語に従えば「ニラレバ炒め」である。
また、レバーの炒め物にニラがトッピングされたもので、「レバー入りニラ炒め」ではなく「ニラ入りレバー炒め」であるため、「ニラレバ炒め」の方が正しいといえる。

「レバニラ炒め」が一般的な呼称になったのは、「天才バカボン」の影響によるもので、バカボンのパパの好物が「レバニラ炒め」であったためといわれている。
テレビアニメ「天才バカボン」の中で「レバニラ」がタイトルに使われた話には、1971年11月20日放送第9回第18話の「ごちそうはレバニライタメなのだ」がある。
この説が正しいという確証はないが、昔は「レバニラ炒め」と呼ばず「ニラレバ炒め」と呼ぶのが一般的であったとすれば、「天才バカボン」の影響も少なからずあったと考えられる。

ちなみに、餃子の王将では「ニラレバ炒め」、大阪王将では「レバニラ炒め」、餃子の王さまでは「ニラレバいため」という名で提供されている。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「作る」「造る」「創る」

  2. 「拝啓」「謹啓」「前略」

  3. 「押さえる」と「抑える」

  4. 「居眠り」と「うたた寝」

  5. 「以下」と「未満」

  6. 「代表取締役」「社長」「代表取締役社長」

  7. 「使用」と「利用」

  8. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  9. 「卵」と「玉子」

  10. 「開放」と「解放」

おすすめ

  1. 「好意」と「厚意」

  2. 「同級生」「同期生」「同窓生」

  3. 「夜更け」「未明」「夜中」「真夜中」「深夜」「夜半」

  4. 「追求」「追及」「追究」

  5. 「戦略」と「戦術」

  6. 「取締役」「役員」「執行役員」

  7. 「羽」と「羽根」

  8. 「基準」と「規準」

  9. 「生誕」と「誕生」

  10. 「科学」と「化学」

TOP