「心療内科」と「精神科」


心療内科は、主に心身症を扱う内科。
心身症とは、精神的・心理的要因が原因で、胃潰瘍や頭痛、下痢や嘔吐など、身体に様々な症状が現れる身体疾患の総称。
心療内科では、身体的な治療と並行して、病気の原因となる心のケアも行う場合が多い。

精神科は、精神障害・精神疾患・依存症・睡眠障害など、心の病気を扱う科。
身体的に異常がなくても、不安・抑うつ・不眠・イライラ・幻覚・幻聴・妄想など、精神的に問題があれば病気として認知される。
精神科では、投薬治療が行われることが多い。

身体疾患を伴う心の病は心療内科、身体疾患を伴わない心の病は精神科を選ぶと良いが、現状としては、心療内科医が精神疾患を、精神科医が心身症を診るケースは多く、互いの専門分野に詳しくなっているため、どちらに行くべきか迷う必要は特にない。

また、心身症だからと精神科に行くつもりはないと思っていても、実際は精神科に行っていることもある。
それは、「精神科」というと患者が入りにくいことから、実際は「精神科」なのに「心療内科」の看板を掲げている開業医が多くあるためである。

標榜科が「内科・心療内科」となっていれば、心療内科の専門医か、心療内科も学んだ内科医の可能性が高く、「神経科・心療内科」となっていれば、精神科医である可能性は高いが、必ずしもそうであるとは限らない。
また、「精神科・心療内科」と掲げているところもあり、看板を見ただけで、どちらの専門かハッキリ分かることはない。
どうしても専門医に診てもらいたいのであれば、事前に確認をしてから行ったほうがよいであろう。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「ねじ」「ボルト」「ビス」「釘」

  2. 「退職願」「退職届」「辞表」

  3. 「署名」「記名」「サイン」

  4. 「主催」「協賛」「協力」「後援」

  5. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  6. 「思う」と「想う」

  7. 「精進」と「邁進」

  8. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

  9. 「寝る」と「眠る」

  10. 「タール」と「ニコチン」

おすすめ

  1. 「有る」「在る」「或る」

  2. 「使用」と「利用」

  3. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  4. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  5. 「保証」「保障」「補償」

  6. 「陶器」と「磁器」

  7. 「吸血鬼」「ヴァンパイア」「ドラキュラ」

  8. 「絞る」と「搾る」

  9. 「フクロウ」と「ミミズク」

  10. 「蜃気楼」と「陽炎」

TOP