「タイツ」と「ストッキング」


タイツとストッキングの違いというと、繊維の太さの単位「デニール」がよく挙げられるが、デニールでタイツとストッキングを区別することはできない。

タイツは、肌をぴったりとフィットするよう作られた衣服で、主に腰からつま先まで包むものをいう。
バレエや演劇などの舞台衣装として作られたものが、スポーツ用、防寒用として広まった。

ストッキングは、丈の長い靴下のことで、特に、薄手でナイロン製の婦人用靴下をいう。
ストッキングには、ハイソックス丈のショートストッキングや、太ももまでのガーターストッキングやノンガーターストッキング、腰まであるパンティストッキングなどあるが、単に「ストッキング」といった場合は、パンティストッキングを指す。
このパンティストッキングが、タイツと区別しにくいものとなっている。

タイツとストッキング(パンティストッキング)が、繊維の太さの単位「デニール」によって区別されるようになったのは、タイツは厚手で、ストッキングは薄手だからである。
しかし、30デニール未満をストッキング、30デニール以上をタイツとするメーカーもあれば、20デニール未満をストッキング、20デニール以上をタイツとするメーカーもある。
弾性ストッキング(着圧ストッキング)には、140デニールや280デニールといったものもあり、デニールでストッキングとタイツは区別できない。
また、日本国外では、厚手をタイツ、薄手をストッキングといった区別もされていない。

つまり、タイツとストッキングの違いとしてハッキリいえることは、衣服なのか靴下なのかという違いだけなのである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「修正」と「訂正」

  2. 「開放」と「解放」

  3. 「午前12時」と「午後0時」

  4. 「改定」と「改訂」

  5. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」

  6. 「コリアンダー」と「パクチー」

  7. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

  8. 「初め」と「始め」

  9. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」

  10. 「鮭」と「サーモン」

おすすめ

  1. 「姑息」と「卑怯」

  2. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  3. 「抗菌」「除菌」「殺菌」「滅菌」「消毒」

  4. 「暖かい」と「温かい」

  5. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  6. 「芸能人」「タレント」「有名人」

  7. 「共同」「協同」「協働」

  8. 「生かす」と「活かす」

  9. 「絶対」と「絶体」

  10. 「陶器」と「磁器」

TOP