「コリアンダー」と「パクチー」


カレーのスパイスに使われる「コリアンダー」と、タイ料理に欠かせない香草の「パクチー」は、生の状態で見分けることが非常に難しい。
なぜなら、「コリアンダー」は英語、「パクチー」はタイ語というだけで、全く同じ植物だからである。
中華料理に使われる「香菜(シャンツァイ)」も同じセリ科の一年草で、和名は「コエンドロ」という。

日本には古くから入ってきているものだが、独特の芳香があり、日本の料理にはあまり使われないため、和名の「コエンドロ」で呼ばれることも少ない。
一般にも定着した呼称は、英語の「コリアンダー」で、英語圏から入ってきた料理に、乾燥した種子や葉が香辛料として使われていたためである。

その後、タイ料理を食べる機会が増えたことで、コリアンダーの葉を生食するようになったが、コリアンダーはタイ語で「パクチー」と呼ぶため、タイ料理の食材として呼ぶ時や、生の葉野菜を指す時には、「パクチー」と呼ぶようになった。
同様に、中華料理で使う時には、中国語の「香菜(シャンツァイ)」で呼ばれることもある。

つまり、コリアンダーとパクチーの違いは、英語とタイ語の違いだけで、植物としては全く同じものだが、日本では、香辛料となっているものを「コリアンダー」と呼び、生の葉野菜やタイ料理の食材として使う時には「パクチー」と呼ぶことが多いのである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「帰省」「帰郷」「里帰り」

  2. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  3. 「計る」「測る」「量る」

  4. 「タール」と「ニコチン」

  5. 「交代」と「交替」

  6. 「利子」「利息」「金利」

  7. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  8. 「祝日」「祭日」「祝祭日」

  9. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  10. 「鮭」と「サーモン」

おすすめ

  1. 「コリアンダー」と「パクチー」

  2. 「基準」と「規準」

  3. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  4. 「保証」「保障」「補償」

  5. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

  6. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」

  7. 「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」

  8. 「パート」と「アルバイト」

  9. 「褒める」と「誉める」

  10. 「意図的」と「恣意的」

TOP