「褒める」と「誉める」


「ほめる」の漢字には、「褒める」と「誉める」がある。
「褒める」は常用漢字で、「誉める」は常用漢字外の表記となるため、公用文・教科書・新聞などでは「褒める」が使われる。

「褒める」も「誉める」も意味は同じであるため、一般の文章ではどちらを使っても間違いないが、漢字の持つ意味で使い分けられることがある。

褒めるの「褒」は、よい行いに報いる返しをする意味から、相手の行いをほめる意味になっているため、「子供を褒める」など、評価してよしとする意味で「褒める」は用いられる。

誉めるの「誉」は、「名誉」や「栄誉」などに使われる漢字で「ほまれ」。
みんなに持て囃される、よい評判を得るという意味で、みんなで持ち上げてほめる意味から、高い評価を与えるの意味になっっているため、個人的な評価ではなく、勝利や受賞などの場面で「誉める」は用いられる。

このような違いから、「誉める」は目上の人にも目下の人に対しても使えるが、「褒める」を目上の人に対して使うのは失礼といわれることがある。
しかし、目上の人に対して使う「ほめる」が「評価する」という意味であれば、評価するという行為自体が失礼にあたり、「褒める」でも「誉める」でも失礼なことに変わりない。
陰で使われることはあっても、目上の人に対して直接使う言葉ではないため、使い分けるならば、個人的な評価であるか否かという点で考えたほうがよい。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「回復」と「快復」

  2. 「元日」「元旦」「正月」

  3. 「伯母」「叔母」「小母」

  4. 「精進」と「邁進」

  5. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」

  6. 「寝る」と「眠る」

  7. 「積極的」「自発的」「能動的」

  8. 「心肺停止」と「死亡」

  9. 「逮捕」「検挙」「摘発」

  10. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」

おすすめ

  1. 「すだち」と「かぼす」

  2. 「越える」と「超える」

  3. 「鷹(タカ)」「鷲(ワシ)」「鳶(トビ)」

  4. 「中部地方」「東海地方」「東海三県」「中京圏」

  5. 「初め」と「始め」

  6. 「筆者」「著者」「作者」

  7. 「早い」と「速い」

  8. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  9. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  10. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」

TOP