「ソーセージ」と「ウインナー」


ソーセージは、塩漬けした肉に香辛料で味をつけ、すり潰して湯煮や燻煙・燻製した保存食品。
腸詰めして作ることが多いため、日本では牛・豚・羊などの腸に詰めたり、腸に似たケーシング(詰め袋)に詰めたものを「ソーセージ」と呼んでいる。
ウインナーは、ソーセージの種類を指すもので、フランクフルト・ボロニアなどもすべてソーセージである。
日本では特にウインナーの生産量が多いため、単に「ソーセージ」と言えば「ウインナー」のことを指す。

ウインナーは「ウインナーソーセージ」の略で、オーストリアのウィーン風ソーセージという意味。
フランクフルトは「フランクフルトソーセージ」の略で、ドイツのフランクフルト風ソーセージ。
ボロニアは「ボロニアソーセージ」の略で、イタリアのボローニャ風ソーセージという意味である。

ウインナーは羊の腸に詰めたもの、フランクフルトは豚の腸に詰めたもの、ボロニアは牛の腸に詰めたものを指し、基本的には腸の種類によって分類される。
しかし、近年は人工のケーシングに詰めて作られることが多いため、日本農林規格(JAS)では、次のように定義し、腸の種類のほか、太さによる分類もしている。

ウインナーソーセージは、羊腸を使用したもの又は製品の太さが20mm未満のもの(牛腸を使用したもの及び豚腸を使用したものを除く)をいう。
フランクフルトソーセージは、豚腸を使用したもの又は製品の太さが20mm以上36mm未満のもの(牛腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)をいう。
ボロニアソーセージは、牛腸を使用したもの又は製品の太さが36mm以上のもの(豚腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)をいう。

このような分類は日本独自のもので、日本で「ウインナー」と呼ばれるものが、ウィーンでは「フランクフルトソーセージ」と呼ぶといわれる。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「シミュレーション」と「シュミレーション」

  2. 「大雨」と「豪雨」

  3. 「収める」「納める」「治める」「修める」

  4. 「トラック」と「ダンプカー」

  5. 「コスプレ」「仮装」「変装」「扮装」

  1. 「遵守」と「順守」

  2. 「ビュッフェ」と「バイキング」

  3. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  4. 「鮭」と「サーモン」

  5. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」

  6. 「冒険」「探検」「探険」

  7. 「計る」「測る」「量る」

  8. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  9. 「冷蔵」「冷凍」「氷温」「チルド」「パーシャル」

  10. 「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」

おすすめ

  1. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」

  2. 「床屋」と「美容室」

  3. 「焼く」「炒める」「炒る」

  4. 「押さえる」と「抑える」

  5. 「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」

  6. 「ニホン」と「ニッポン」

  7. 「神父」と「牧師」

  8. 「絞る」と「搾る」

  9. 「重体」「重傷」「軽傷」

  10. 「マフラー」「ストール」「ショール」「スカーフ」

TOP