「儲ける」と「稼ぐ」


儲けると稼ぐは、利益や収入を得るという意味では共通するが、儲けるよりも稼ぐ方が地道に働くことを表す。

儲けるは、地道に働いて収入を得るというよりも、予想外の利益を得たり、うまく利益を得たりする意味で使う。
稼ぐは、精を出して働くことや、その働きによってお金を得ること、努力して手に入れることの意味で使われる。
「楽して稼ぐ」などと使うこともあるが、本来は「楽して儲ける」が正しい。
ただし、株やギャンブルで利益を得ることでも、継続的に利益を得ている場合には、地道に利益を得ることになるため、「稼ぐ」でも間違いにはならない。

なお、「儲ける」の漢字は「信」と「者」から成り立ち、顧客を信者にしてお金を得ることが儲けることと言われたりするが、「儲」は「人」と「諸」から成る漢字で、儲けることと信者に関連性はない。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「高齢者等避難」「避難指示」「緊急安全確保」

  2. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  3. 「重体」「重傷」「軽傷」

  4. 「午前12時」と「午後0時」

  5. 「伯母」「叔母」「小母」

  6. 「目的」と「目標」

  7. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」

  8. 「コリアンダー」と「パクチー」

  9. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  10. 「分かれる」と「別れる」

おすすめ

  1. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  2. 「ねぶた」と「ねぷた」

  3. 「共同」「協同」「協働」

  4. 「昨年」「去年」「前年」「旧年」

  5. 「分かる」「解る」「判る」

  6. 「進呈」「贈呈」「謹呈」「献上」

  7. 「探求」と「探究」

  8. 「飛ぶ」「跳ぶ」「翔ぶ」

  9. 「基準」と「規準」

  10. 「ひやむぎ」と「そうめん」

TOP