「晦日」と「大晦日」


晦日とは、月の最後の日のこと。
読みには、「みそか」「つごもり」「かいじつ」がある。
みそかは、月の30番目の日(三十日)の意味だが、実際の日付に関係なく、月の最終日を意味するため、31日まである月は30日ではなく31日を「みそか」と言う。
つごもりは、陰暦では月が隠れる頃が月末にあたることから、「つきごもり(月隠)」が音変化したもの。更に音変化して「つもごり」ともいう。
かいじつは、「晦日」の音読。「晦」の字は、月が隠れることを表している。

大晦日とは、12月31日のこと。
一年の最後の月の最終日であることから、「大」を冠して「大晦日」となった。
晦日を「みそか」や「つごもり」と読むのは、和語を当てた当て読みで、漢字本来の読みからすれば「かいじつ」だが、大晦日は「おおみそか」か「おおつごもり」としか読まず、「おおかいじつ」や「だいかいじつ」とは読まない。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「裸足」「素足」「生足」

  2. 「早い」と「速い」

  3. 「ゆっくり」と「のんびり」

  4. 「時期」「時季」「時機」

  5. 「遺跡」と「史跡」

  1. 「幼稚園」「保育園」「保育所」「託児所」

  2. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」

  3. 「昼光色」「昼白色」「電球色」

  4. 「修正」と「訂正」

  5. 「鮭」と「サーモン」

  6. 「早い」と「速い」

  7. 「ひやむぎ」と「そうめん」

  8. 「臭い」「匂い」「香り」

  9. 「居眠り」と「うたた寝」

  10. 「収める」「納める」「治める」「修める」

おすすめ

  1. 「大トロ」「中トロ」「赤身」

  2. 「天気」「天候」「気候」「気象」

  3. 「ZERO(ゼロ)」と「零(れい)」

  4. 「羽」と「羽根」

  5. 「体制」「態勢」「体勢」「大勢」

  6. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  7. 「入れ墨」「刺青」「タトゥー」

  8. 「寝る」と「眠る」

  9. 「おはぎ」と「ぼたもち」

  10. 「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」

TOP