「震度」と「マグニチュード」


震度とは、ある場所(測定される場所)での地震による揺れの強さ。
マグニチュードとは、地震そのものの規模の大きさのこと。

マグニチュードと震度の関係は、電球と明るさの関係にたとえられ、電球の明るさを「マグニチュード」とすると、場所ごとに感じる明るさが「震度」。
同じ電球の光でも、電球のある場所から近い所では明るく、電球から離れた所では暗く感じられる。

これと同じで、マグニチュードの値が小さい地震でも、震源からの距離が近いと震度は大きく、マグニチュードが大きい地震でも、震源からの距離が遠ければ震度は小さくなる。

距離には深さも関係する。
地図で見た震源の場所が同じで、マグニチュードが同じ値であっても、震源が深いほど震度は小さくなり、震源が浅いほど震度は大きくなる。

関連リンク

ランダム 今見られているページ
  1. 「江戸間」「京間」「中京間」「団地間」

  2. 「タール」と「ニコチン」

  3. 「羽」と「羽根」

  4. 「ワシントンD.C.」と「ワシントン州」

  5. 「分かる」「解る」「判る」

  1. 「制作」「製作」「作成」「作製」「製造」

  2. 「意思」と「意志」

  3. 「特徴」と「特長」

  4. 「対象」「対照」「対称」

  5. 「しらたき」と「糸こんにゃく」

  6. 「調理」と「料理」

  7. 「戦略」と「戦術」

  8. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  9. 「退社」と「退勤」

  10. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」

おすすめ

  1. 「使用」と「利用」

  2. 「整理」と「整頓」

  3. 「スパッツ」「レギンス」「タイツ」「トレンカ」

  4. 「王将」と「玉将」

  5. 「努める」「勉める」「勤める」「務める」

  6. 「始末書」と「顛末書」

  7. 「思う」と「想う」

  8. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  9. 「心肺停止」と「死亡」

  10. 「探求」と「探究」

TOP