「交じる」と「混じる」「雑じる」


「まじる」「まざる」「まぜる」の漢字には、「交」「混」「雑」がある。

「交」は、「白髪が交じる」「大人の中に交じる」など、別種のものが入り込んでいるが溶け合わず、元の素材が区別できる場合に用いる。

「混」は、「絵具を混ぜる」「砂糖に塩が混じる」など、別種のものが溶け合って、元の素材が区別できない場合に用いる。

「雑」は、「柴犬の血が雑じる」「異物が雑じる」など、別種のものが入り込んで純粋さを失う場合に用いるが、常用外漢字であまり使わないため、「雑」を用いる場面では「混」の字が使われる。

基本的には、元のものが区別できる場合に「交」、元のものが区別できない場合に「混」を使うと覚えればよいが、区別ができても「混」を使う場合もあるので注意が必要である。

男性と女性は区別できるものなので、「男の中に女が交じる」など「交」の字を使うが、「男女混合」「混浴風呂」などは「混」の字を使う。
区別ができるのに「混」を使う理由は、別種のものが合わさり、溶け合ったひとつのまとまり、集団として捉えるためである。

新着記事 今見られているページ
  1. 「みっともない」「見苦しい」「はしたない」

  2. 「退社」と「退勤」

  3. 「出社」と「出勤」

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」

  5. 「たらこ」と「明太子」

  1. 「バカ」と「アホ」

  2. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」

  3. 「モツ」と「ホルモン」

  4. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」

  5. 「通夜」「葬儀」「告別式」

  6. 「絶対」と「絶体」

  7. 「王将」と「玉将」

  8. 「延期」「順延」「延長」

  9. 「作る」「造る」「創る」

  10. 「計る」「測る」「量る」

おすすめ

  1. 「森」「林」「森林」

  2. 「同級生」「同期生」「同窓生」

  3. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

  4. 「広島原爆」と「長崎原爆」

  5. 「ダウンロード」と「インストール」

  6. 「会社員」「社員」「従業員」「職員」

  7. 「苦情」「クレーム」「文句」「抗議」

  8. 「伯父」「叔父」「小父」

  9. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」

  10. 「保証」「保障」「補償」

TOP